人事・労務

給与計算のアウトソーシングのメリット・デメリット。代行させた方がいい・しなくてもいいケースは?

給与計算の仕事内容については「給与計算とは。仕事内容とよくあるミス。気を付けるべきことは?」で解説しました。 給与計算を社内でやるのは効率が悪いと考えている企業も少なからず存在します。人事部や経理部には毎月発生するルーテ …

詳しくはこちら

給与計算とは。仕事内容とよくあるミス。計算や進め方について気を付けるべきことは?

人事もしくは経理の仕事の1つとしてあるのが「給与計算」。会社で働く従業員・スタッフに対する報酬ですので、ミスや遅れは許されません。もしミスがあれば従業員の会社に対する信頼は大きく落ちるでしょう。しっかりと対価を払うことは …

詳しくはこちら

採用試験のあれこれ。面接、筆記、小論文、グループディスカッション…どう使い分ける?

人材採用におけるフロー(手順)はさまざまなものがあります。ほとんどの企業で共通しているのが「書類審査」ですが、それを通過した応募者をどのような方法で見極めるのかは企業によるところです。 面接を2~3回するところもあれば、 …

詳しくはこちら

リファラル採用とは?メリットと成功する企業の秘訣

最近ベンチャー企業を中心として注目されている採用方法に「リファラル採用」があります。これは従来の求人媒体への出稿や合同説明会などのイベントに出展する場合と比べて採用コストが大幅に抑えられかつ、人材の質がある程度担保される …

詳しくはこちら

福利厚生とは?種類と制度について人事部がしっておくべきこと

福利厚生は、一般的に企業が従業員に渡す非金銭的報酬のことを指します。代表的なものでいえば「社会保険の事業主負担分」「社員旅行」「食事会(飲み会)の支払い」などです。これらは多くの企業で適用されていますが、各企業によって特 …

詳しくはこちら

人事考課はどう行う?評価者が行うことやコメントの例文を解説

人事考課は人事の仕事の中でも重要な1つです。社員にとっても今まで働いてきた結果が評価されるため一大イベントです。企業の規模によっては考課や評価は人事部ではなく直属の上司そして役員が行うこともあります。しかしそのための前準 …

詳しくはこちら

企業における人事異動の目的。適切な時期は?拒否は可能?

企業の戦略として、「人材の適材適所」があります。その人材の能力と適性を理解して、最も活躍できるポジションに置くことで会社の競争力の底上げが期待できます。社員全員が同じ能力ではなく、それぞれ「営業向き」「広報向き」「技術向 …

詳しくはこちら

労務管理とは。企業における重要性と仕事内容。気を付けなければいけないことは?

「労務管理の仕事は社員に心地よく働いてもらうこと」では人材の“メンテナンス”と称して労務管理の仕事を紹介しました。 「ヒト」は会社にとって最も重要な資産です。いかにして社員のモチベーションを保つか、最大限に能力を発揮して …

詳しくはこちら

社員向け研修・教育の種類と使い方。企業にとって有効な研修の組み方とは? | 人事のキホン5

いままでの記事で、企業が保有する資産(ヒト・モノ・カネ・情報)の中で、最も重要であるのは「ヒト」であると述べてきました。ただし、「ヒト」は放っておいては育たないためOJTとOff-JTのバランスを考えて社内で成長する仕組 …

詳しくはこちら

ジョブローテーション制度とは。適切な期間は?目的とメリット・デメリットを解説 | 人事のキホン4

前回の「新入社員研修の内容はどうすればいい?新人が伸びる人材育成・教育制度とは」は「新人研修」にフォーカスして、OJTとOff-JTのメリット・デメリットについて解説しました。今回は、そのOJTの中でも日本企業で多く採用 …

詳しくはこちら