人事・労務

社員向け研修・教育の種類と使い方。企業にとって有効な研修の組み方とは? | 人事のキホン5

いままでの記事で、企業が保有する資産(ヒト・モノ・カネ・情報)の中で、最も重要であるのは「ヒト」であると述べてきました。ただし、「ヒト」は放っておいては育たないためOJTとOff-JTのバランスを考えて社内で成長する仕組 …

詳しくはこちら

ジョブローテーション制度とは。適切な期間は?目的とメリット・デメリットを解説 | 人事のキホン4

前回の「新入社員研修の内容はどうすればいい?新人が伸びる人材育成・教育制度とは」は「新人研修」にフォーカスして、OJTとOff-JTのメリット・デメリットについて解説しました。今回は、そのOJTの中でも日本企業で多く採用 …

詳しくはこちら

新入社員研修の内容はどうすればいい?新人が伸びる人材育成・教育制度とは | 人事のキホン3

多くの企業では毎年4月になると、新入社員が入ってきます。大きな会社は何百人と新卒採用をするわけですが、もちろんすぐ現場で働くわけではありません。大企業であるほど研修期間は長いでしょうし、中小企業でも最初の数ヶ月間を研修に …

詳しくはこちら

OJTとOff-JTとは?違いとそれぞれのメリットとデメリット。OJTをうまく回すためには | 人事のキホン2

前回の「企業の人材育成。社員が育つ職場のつくりかたとは?」で説明した通り、OJTとOff-JTは人材育成の主な方法です。前回は軽く解説しましたが、OJTは仕事を通じた人材育成のことをいい、Off-JTは仕事を離れた場で座 …

詳しくはこちら

企業の人材育成。社員が育つ職場のつくりかたとは? | 人事のキホン

「人事担当者の仕事と役割シリーズ」では人事の仕事として「能力開発」「採用」「処遇決定」「人事制度企画立案」「労務管理」を紹介しました。そのうち、「能力開発」の土台となる職場の環境づくりについて解説します。   …

詳しくはこちら

社員の長時間労働に要注意。企業に求められる安全配慮義務とは

企業の経営資源として「ヒト・モノ・カネ・情報」の4つがよくいわれます。このうち「ヒト」は、他の経営資源を生み出すことから、企業にとっての「最も重要な経営資源」といえます。 優秀な人材の確保・育成・活用を図ることは、企業に …

詳しくはこちら

労務管理担当者なのに過重労働?過重労働の定義とは?

労務管理担当者の職務は、企業によってその役割に多少の差はあるものの、おおむね次のようなものになります。 ・労働時間管理(有給残管理、代休又は振替休日などの休日管理と作業の効率性の調査などの職務分析を含む) ・給与計算業務 …

詳しくはこちら

労務管理の仕事は社員に心地よく働いてもらうこと|人事担当者の仕事と役割 6

人事部門の仕事として、これまで「採用」「処遇決定」「人事制度企画立案」「能力開発」について見てきました。今回は、「労務管理」の説明をします。 企業が保有する「工場設備」にたとえていうならば、前回の「能力開発」は人材の“イ …

詳しくはこちら

「能力開発」は企業の競争力を向上させるための重要機能| 人事担当者の仕事と役割 5

前回は、「人事制度企画立案」について説明しました。今回は、「能力開発機能」を説明します。   ■人材の能力開発は、企業の競争力の源泉になる 企業が現在保有している経営資産であるヒトの能力開発も人事部門が担う重要 …

詳しくはこちら

人事の仕事で関心の高い「人事制度企画立案」とは | 人事担当者の仕事と役割 4

前回は、人事部門の5つの機能の1つである「処遇決定」についてお話ししました。人事担当者の仕事と役割の4回目は、「人事制度企画立案」についてです。   ■人事制度の企画立案は高い専門性と視野が必要な分、やりがいが …

詳しくはこちら