アウトソーシング・その他

アウトソーシングをする3つの目的

アウトソーシングには三つの目的があります。第一にリソース補てん、第二にコストダウン、第三に戦略的な意図の実現です。   ■目的1:リソース補てん リソースは“人”や“設備”、“お金”といった経営資源を意味します …

詳しくはこちら

アウトソーシングに失敗する企業のよくあるケース

アウトソーシングを単なる外注と考えて、きちんとした準備もせずに実行して失敗する企業ケースがあります。 特に多いのがアウトソーサーに業務を丸投げしてしまったケースです。効果がない上に、多額の費用を払うはめになり、その上何年 …

詳しくはこちら

【アンケート結果】アウトソーシングを検討した企業担当者の4割が実際に導入している

人事、総務、経理、ITなど管理部門系業務のアウトソーシングを検討した4割(正確には39.8%)の企業担当者が、導入まで至っていると回答しました。 2014年10月、管理部門系のアウトソーシングを決裁する立場の方400人( …

詳しくはこちら

大企業のアウトソーシングはシェアードサービス、BPOが効果的

かつて、「作れば売れる時代」、「仕入れれば売れる時代」が日本にありました。高度経済成長です。高度成長期を過ごした企業は、大企業になっている会社も多く、それだけ多くの業務機能を社内に持つこととなりました。 大企業は、事業部 …

詳しくはこちら

中小・ベンチャー企業はアウトソーシングをフル活用すべし

一般に起業したばかりの企業は、中小企業であり、持てる資金や経営リソースに制約があります。せっかく熱意をもって集まった人材は、企業を立ち上げていく重要な業務、世に立っていくための重要なコア業務に集中させたいのがスタートアッ …

詳しくはこちら

管理部門の業務改善とは?プロフィットセンターへの道

管理部門とは、事業が支障なく展開できるように会社全体をサポートする機関です。 実態は、組織変更が頻発する部門でもなく、顧客と直接接点もないため、とかくお役所仕事的になりがちです。それゆえに、昨今、管理部門=コスト削減対象 …

詳しくはこちら

アウトソーシングを自社で導入できるのか? 判断するための7つのポイントを紹介

アウトソーシングを検討するとき、まずはどうするでしょうか。 インターネットで調べたり、イベント・セミナーに参加して情報を仕入れるのではないかと思います。 アウトソーサーが提供するサービスの説明や成功事例などを見聞きしてい …

詳しくはこちら

アウトソーシング検討時によくあるジレンマ

管理部門を可能な範囲でアウトソーシングしたいというご相談を受けることがあります。 実際にお話をお伺いしますと、規模や検討範囲は様々ですが、その中でも「どうやって進めていこうか」と考えてしまうケースがあります。 それは、経 …

詳しくはこちら

アウトソーシングとは何か?その3つのメリット

アウトソーシングは外部(アウト)からの調達(ソーシング)を意味します。本来は、企業の外から購入するすべてがアウトソーシングです。しかし、一般的に使われる場合、外部から調達する対象は主に、経営資源、特に人、あるいは人に付随 …

詳しくはこちら