働き方改革

副業解禁! 会社のリスクと対応をおさらい

2019年から本格的に稼働が始まった働き方改革。その背景には日本の人口減少による労働力不足の解消という目的がありますが、働き方改革を踏まえて国が行っているのが副業や兼業の普及・推進です。 ほとんどの会社で副業が禁止されて …

詳しくはこちら

【事務の働き方を変える③】営業事務の生産性をあげる3つのコツ

事務の働き方のシリーズ第3弾はぐっと現場に近いお話をします。NOCの社内で「よくお客様からご要望されること」「それに対する改善対応」などについて、アンケートをとってみました。現場を知りつくしている担当者だから言える、営業 …

詳しくはこちら

【事務の働き方を変える②】 BtoBでも増えてきた 決済代行サービスを考える

NOCではバックオフィス業務をまとめて営業事務としています。事務業務は幅広い範囲にわたっており、言わば「単純作業でありながら工数がかかり、ミスの許されない重要な仕事」です。 そんな営業事務の業務改善を図れる新しいサービス …

詳しくはこちら

【事務の働き方を変える①】 業務効率化に向けて最初に行うべきこと

働き方改革関連法案が施行され、もうすぐ2年になります。ネスレのように大々的に成功をアピールできている会社もあれば、「そんなのあったね」という方も多いのではないでしょうか。改革と言っても具体的なやり方を教えてほしい、という …

詳しくはこちら

派遣法改正による「同一労働同一賃金」導入で企業が負うリスクと対策

労働者派遣法はこれまでにも何度か改正されてきましたが、働き方改革に関連して、2020年4月1日に新たに「改正労働者派遣法」が施行されます。 この改正の大きなポイントは、「同一労働同一賃金」が導入されることですが、それに伴 …

詳しくはこちら

働き方改革で労働時間はどうなった?! 生じた弊害とその打ち手

2019年4月、働き方改革関連法が大企業から順次施行され始めました。これを受け、各企業では働き方を見直す流れが高まってはいますが、全ての企業で働き方改革が順調に進んでいるのでしょうか? 制度は導入したものの別の問題が…、 …

詳しくはこちら

多様化する働き方へどう対応する? 効率化の切り札になる勤怠管理システムとは

2019年4月、通称「働き方改革関連法」が大企業を対象に施行されました。中小企業に対しても、2020年4月に施行されることが決定しています。 法律の施行により、労働者は長時間労働の是正や柔軟な働き方が期待できる一方、事業 …

詳しくはこちら

働き方改革を推進!コミュニケーションを活性化するビジネスチャットツールの選定方法

2019年4月に働き方改革関連法の一部が施行され、大手のみならずすべての企業で重要な経営課題のひとつとなりました。 働き方改革では、多様な働き方の実現や業務効率化に伴う生産性の向上という目的が掲げられています。実現には、 …

詳しくはこちら

多様化する働き方で人事評価はどうする? 制度を考える前に知っておきたい注意点とは

  リモートワークやABWなど多様な働き方に対応する企業が増えてきました。働きやすさが促進される一方で、対面でのコミュニケーションの機会が減り、仕事ぶりを実際に目で見て評価を行うことが難しくなります。新しい働き …

詳しくはこちら

フリーアドレスじゃない「ABW」というあり方 テレワーク促進前に考えたいオフィスの意義

目次 ■最近耳にする「ABW(Activity Based Working)」ってなに? ■フリーアドレスと何が違う?:テレワーク、リモートワークとの違い ■オフィスの意義は、「コミュニケーション」 2020年7月、56 …

詳しくはこちら