経理アウトソーシングの費用相場とは。目安や概算方法を解説

経理業務を外部の専門家に委託する「アウトソーシング」を利用する企業は少なくありません。経理アウトソーシングを利用することでどんなメリットがあるのでしょうか。アウトソーシングにかかる費用相場や概算方法とともに解説します。

 

経理アウトソーシングの基礎知識

経理業務は企業規模が大きくなるにつれ、行う作業が増えてきます。しかしながら経理の作業には専門性と正確性が必要なために作業できる人員を確保できず、経営者自らが経理作業を行っている企業も多いのではないでしょうか。 そういった課題解決に役立つのが『経理アウトソーシング』というアプローチ方法です。どのようなものなのか、具体的な内容や行うメリットについてまずは知っておきましょう。

アウトソーシングの内容

会社の経理業務を代行してくれる経理アウトソーシングの内容には、主に次のようなものがあります。

・記帳業務
・給与計算・年末調整
・決算処理・決算書の作成
・売掛金および買掛金管理
・税金申告書の作成ならびに申告手続き

これらの業務のいずれか、あるいはすべてを外部に委託します。代行企業の専門性や可能な業務の範囲によって委託する作業や単価が変わりますので、どこまでを委託するのかは社内で検討が必要です。

アウトソーシングのメリット

アウトソーシングのメリットとして挙げられるのは、まず、担当者が本来のコア業務に集中できるという点でしょう。経理にかけていた時間を本業に費やせるため、本業のパフォーマンス向上に期待できます。 また、経理アウトソーシングの委託先は公認会計士などの有資格者を雇用しているケースが多く、法改正や仕様変更への迅速かつ正確な対応、さらにプロの目から見た経理に関する助言などがもらえるのもメリットと言えます。 最大のメリットは、常時雇用しなくてはならない経理担当者の人件費の削減です。繁忙期にのみアウトソーシングを利用することで人件費を抑えることができます。

 

経理アウトソーシング費用の目安

経理アウトソーシングを利用する際に、どの程度の費用がかかるのか大まかな目安について解説します。

主な内容と費用相場

経理アウトソーシングを行う場合の費用は、何をしてもらうかの種目によって異なります。 記帳業務の代行は数百円単位から数万円単位とかなり幅があります。これは仕訳数によっても異なります。30仕訳などの数が少ない場合、1000円以下で代行を請け負ってくれる企業もあるようです。 給与計算は計算対象の人数に加えて、単純な労働時間の算出か保険や税金まで計算するのかでも単価は変わります。こちらは1人につき1000~2000円が相場でしょう。 年末調整の代行は給与計算とほぼ同額が相場です。複数の業務をセットにして安く提供している代行企業もあります。

派遣社員との比較

売上金のデータ管理や労働時間管理といった単純な業務であれば、派遣社員を雇った方が安くなるケースがあるかもしれません。 しかし、派遣社員は経理の専門家ではありません。慣れない作業を任せることでミスが発生する可能性も高くなりますし、仕様変更や急なオーダーには対応できない可能性があります。 また、経理代行は時間単位ではなく成果単位の報酬になるため、規模によっては派遣社員を雇うよりもはるかにかかる経費を抑えられる可能性もあるでしょう。 数百人単位の社員を抱える企業であれば、経理代行をベースに考えることをおすすめします。

概算方法を知っておくと比較しやすい

複数の代行企業同士や、あるいは自社で行う場合の費用と比較するためには、経理アウトソーシングを使う場合の概算方法について知っておくと良いでしょう。 上記で紹介した項目のいずれを任せるか、また代行スタッフの人数や専門性によっても費用が変わってくるケースもあります。 一度見積もりを依頼しても良いでしょう。見積もりの金額と現状コストを比較し、アウトソーシング概算費用の方が安いようであれば、経理を外注する価値は十分あるということです。

 

おすすめの経理アウトソーシング

経理アウトソーシングサービスを提供している中でも、特におすすめの会社を紹介します。

 

実績で選ぶならNOC

まずは自社NOCですが、30年以上にわたって1000社以上のアウトソーシング実績があり、業界内でも豊富な経験があると自負しています。企業が抱えている問題をコンサルティングし、抜本的な解決を行います。はじめて経理アウトソーシングを利用する企業でも安心してはじめていただけます。1000人を超えるスタッフ(全サービス合算)が在籍し、低コストかつ高品質の安定したサービス提供しています。無料相談も行っています。

NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社

 

訪問型ならLIXIL住生活ソリューション

建築材料・住宅設備機器を手がけている会社が運営している経理アウトソーシングです。こちらの会社は、『訪問型アウトソーシング』と『センター型アウトソーシング』という二つの依頼方法があります。 『訪問型アウトソーシング』は、直接スタッフが訪問して作業し、コンサルタントや人材教育も行ってくれるサービス内容です。一方の経理資料を送るだけで済む『センター型アウトソーシング』は、データを送るだけで経理業務を一任できます。 自社に経理のノウハウを導入したいのならば『訪問型アウトソーシング』がおすすめでしょう。

LIXIL住生活ソリューション

 

外資系なら辻・本郷 税理士法人

辻・本郷 税理士法人は経理代行だけでなく、法人税務の顧問や事業再生・M&Aなど手広くサービスを展開しています。全国と海外に拠点があり、色々な場所に拠点を持つ企業が利用しやすい会社です。 税務や経理業務のノウハウについて詳しく書かれている『SCOPE』という会誌を発行しています。経理に関してあまり知識のない人でも読みやすい内容になっているので、入門書として利用しても良いかもしれません。

辻・本郷 税理士法人

 

まとめ

経理アウトソーシングの費用相場は、作業の内容や会社の規模、専門性によって大きく変わってきます。幅が広いため、まずは安心できる経理アウトソーシングの会社に相談してみるのが良いでしょう。 経理業務を自社でやるのか、それとも外注委託するかの判断は費用についてそれぞれ比較してみてください。社員が自分のタスクに専念できる、業務が正確になるといったメリットもありますので、それらの点も考慮しましょう。

 

◆関連ブログ
経理代行サービスのメリットは?選び方と代行サービス5選
経理アウトソーシング5社を比較。メリットや選び方とは
経理アウトソーシングのメリット・デメリット比較。要点を押さえよう
経理アウトソーシングでおすすめの会社は?検討や比較のポイント
上場企業は経理アウトソーシングをどう使う?活用例やポイントの解説
経理アウトソーシングのメリットとは?外注先を選ぶポイントも解説
経理アウトソーシングの料金相場。主な業務内容とともに紹介

 

ライタープロフィール

くもと編集

くもと編集

マーケター兼編集者

NOC 当コンテンツの編集者。 宝飾業界と広告会社を経て2008年 NOC入社。営業や制作ディレクターを経験し、現在はWebマーケティング担当兼当コンテンツの編集を担当。 「NOCのサービスに直接関係のない記事であっても、読んでくれた方の役に立つ情報をお伝えしていきます。」