アウトソーシング・その他

副業解禁! 会社のリスクと対応をおさらい

2019年から本格的に稼働が始まった働き方改革。その背景には日本の人口減少による労働力不足の解消という目的がありますが、働き方改革を踏まえて国が行っているのが副業や兼業の普及・推進です。 ほとんどの会社で副業が禁止されて …

詳しくはこちら

採用業務をアウトソーシングする企業が増加中! そのメリットとは?

アウトソーシングサービスが盛り上がっています。中でも、各社により手法が全く異なるためアウトソーシングしにくいと言われていた、人事の採用領域に注目してみましょう。「ヒト」で会社に貢献できる人事部門にとって「採用」業務はキモ …

詳しくはこちら

派遣法改正による「同一労働同一賃金」導入で企業が負うリスクと対策

労働者派遣法はこれまでにも何度か改正されてきましたが、働き方改革に関連して、2020年4月1日に新たに「改正労働者派遣法」が施行されることになりました。 今回の改正の大きなポイントは、「同一労働同一賃金」が導入されること …

詳しくはこちら

源泉徴収票でわかるDC制度の税負担軽減

企業にお勤めの皆さんは、年末までに源泉徴収票を配付(もしくは電子配付)されているかと思います。 皆さんが提出した各種申告書を元に、人事総務担当の方が作成している源泉徴収票ですが、毎年きちんと確認されているでしょうか? 毎 …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第八回】価値あるアウトソーシングに結びつける!財務パーソンの底力

  財務パーソンも他人事ではない、アウトソーシングについてのアプローチ 今やアウトソーシングを検討導入する企業の割合はかなり高くなりました。つまりは、自前の経営資源のみならず、外部調達によるサービスも有効な資源 …

詳しくはこちら

働き方改革で労働時間はどうなった?! 生じた弊害とその打ち手

2019年4月、働き方改革関連法が大企業から順次施行され始めました。これを受け、各企業では働き方を見直す流れが高まってはいますが、全ての企業で働き方改革が順調に進んでいるのでしょうか? 制度は導入したものの別の問題が…、 …

詳しくはこちら

中小企業が法務を内製化するときに重要なポイントとは

会社を経営していく上ではさまざまな法律行為がなされます。中にはトラブルになり訴訟にまで発展してしまうケースもありますが、法的なリスクコントロールのために重要なのが法務部署の存在です。 大企業では社内に専門部署として法務部 …

詳しくはこちら

スタートアップ企業はどう活用すべき?多様化するアウトソーシングサービスのススメ

働き方改革の推進により注目を集める「アウトソーシング」。これまでの日本では、単純にコストカットを目的としたアウトソーシングが主流でしたが、今後はノンコア業務の戦略的なアウトソーシングの活用が進んでいきます。中でも、昨今特 …

詳しくはこちら

多様化する働き方で人事評価はどうする? 制度を考える前に知っておきたい注意点とは

  リモートワークやABWなど多様な働き方に対応する企業が増えてきました。働きやすさが促進される一方で、対面でのコミュニケーションの機会が減り、仕事ぶりを実際に目で見て評価を行うことが難しくなります。新しい働き …

詳しくはこちら

仕入会社との上手な付き合い方 ~仕入会社は大切なビジネスパートナー~

  「お客様は神様です」とは、もともと歌手の故・三波晴夫氏が舞台公演で観客に対する自身の心構えとして語った言葉です。この言葉はやがて独り歩きをはじめ、多くのシーンで企業と顧客の関係性や企業間取引での心得であるか …

詳しくはこちら