確定拠出年金

【2020年のDC法改正】企業が知っておくべきこと②

  前回のブログでは、2020年に行われる確定拠出年金制度の見直しのうち、企業型DCに関連した主な改正点についてご紹介しました。これまで以上に従業員の方が利用しやすい制度になることが予想されますが、企業にとって …

詳しくはこちら

【2020年のDC法改正】企業が知っておくべきこと①

2020年に確定拠出年金制度の見直しが行われました。 これまでも何度か法改正を経て企業型DCやiDeCoはより利用しやすくなってきましたが、2020年の法改正ではさらに使い勝手がよくなり、対象者も広がるようです。 今回の …

詳しくはこちら

源泉徴収票でわかるDC制度の税負担軽減

企業にお勤めの皆さんは、年末までに源泉徴収票を配付(もしくは電子配付)されているかと思います。 皆さんが提出した各種申告書を元に、人事総務担当の方が作成している源泉徴収票ですが、毎年きちんと確認されているでしょうか? 毎 …

詳しくはこちら

確定拠出年金でどのくらい積立てできる?

世の中を大いにざわつかせた「老後2,000万円問題」は、まだ皆さんの記憶にも新しいと思います。 いろいろな手段で老後資金は準備できると言われていますが、確定拠出年金(DC)もその手段の一つです。 今回は、DCを活用するこ …

詳しくはこちら

個人ではもちろん、制度によっても違う「DC運用商品の選び方」

  確定拠出年金(DC)で欠かせないのが「運用商品の選択」です。 ご存じのとおり、DCは「掛金を拠出」して「加入者本人が運用」し、「原則60歳以降に受取る」制度です。 導入時はもちろん制度説明を行っていると思い …

詳しくはこちら

確定拠出年金(DC)は導入してからが本番  従業員への継続投資教育は必須に

よく耳にするようになった確定拠出年金(DC)はいつから始まった制度でしょうか? 実は、平成13年(2001年)に法律が施行されてから17年が経過したのですが、これまで様々な改正が行われてきました。 その中で、平成30年5 …

詳しくはこちら

企業型確定拠出年金 よくある間違い!「マッチング拠出」と「選択制DC」は似て非なるもの!

DC(確定拠出年金)に改めて注目が集まっている昨今、DC制度への理解は進んできたように思われますが、その具体的な中身についてはどうでしょうか? 案外「わかったつもり」になって納得してしまっている方もいるかもしれません。 …

詳しくはこちら

投資教育とは!企業型確定拠出年金における重要性

確定拠出年金制度が2001年にスタートしてから、企業型確定拠出年金(企業型DC)の実施事業主数は3万社を超え、加入者は700万人近くに達します。いまやすっかり年金制度の一翼を担う存在として浸透してきた確定拠出年金制度。確 …

詳しくはこちら

確定拠出年金とは?企業型と個人型のメリット・デメリットを紹介

かつて企業における年金は、企業内に退職給付としてプールしておいた資金から支払われていました。 しかし近年、運用利差損が出たときの資金の穴埋めや、退職給付債務が企業の財政を圧迫することが問題視されるようになっています。また …

詳しくはこちら