IT

今よりもっと会社のIT環境を整えるために。改めて「情報システム部と担当者」について考えてみました。

ITアウトソーシングの商談時、お客様ご担当者に「IT化やDX化を社内の誰が推進していますか」という質問をすると、「情報システム部が推進している」もしくは「ITに詳しい人が兼任で推進している」という回答が良く返ってきます。 …

詳しくはこちら

勤怠管理 クラウド

クラウド勤怠管理システムがアツい。機能やメリット、代表的なツール比較表もご紹介

インターネット上で社員の勤怠が簡単に管理できるということで、クラウドサービスが主流となってきました。2019年4月に働き方改革関連法案も改正され、法律を遵守した健全な企業運営に適切な勤怠管理は非常に重要です。 変わりゆく …

詳しくはこちら

「DXが分からない」と感じている皆さまへ ~ 【連載】 「私たち」のDXを考える #6

年の瀬も押し迫った2020年12月28日、経済産業省は、「DXレポート2 中間取りまとめ」(以下、「DXレポート2」と略す)を発表した。 これは、「DXレポート」(2018年9月7日発表)から2年が経過した今、国内企業に …

詳しくはこちら

ブームに踊るDX。信頼できるパートナーを見つけることの大切さ ~ 【連載】 「私たち」のDXを考える #5

ビジネスの世界では、何かが流行ると、必ずそれを拡大解釈して利用する人たちが登場する。これは、DXも同様だ。 本来の意義や意図を捻じ曲げ、「拡大解釈して利用」しようとする人たちの口車に乗ってしまうと、「あれ、求めていた結果 …

詳しくはこちら

「DXを進めるには」、DXプロジェクト推進のポイントを考える ~ 【連載】 「私たち」のDXを考える #4

連載「『私たち』のDXを考える」第四話は、企業内にてDXを進める際に留意すべき点を考える。 巷では、DXのやり方、方法論について、さまざまな議論が行われている。DX推進プロジェクトの進行について、「やれアジャイル型が良い …

詳しくはこちら

レガシーシステムのブラックボックス化 ~ 【連載】 「私たち」のDXを考える #3

連載「『私たち』のDXを考える」第三話は、レガシーシステムのブラックボックス化を考える。 DX(デジタルトランスフォーメーション)は、選択肢ではない。すべての産業における、すべての企業が、程度の差、もしくは方法論の違いは …

詳しくはこちら

2025年の崖とは? ~ 【連載】 「私たち」のDXを考える #2

日本国内におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)事情を考える時、キーワード「2025年の崖」は外せない。 「2025年の崖」は、2018年9月7日に経済産業省が発表したレポート「DXレポート ~ITシステム 『2 …

詳しくはこちら

DXとは? ~ 【連載】 「私たち」のDXを考える #1

DX(デジタルトランスフォーメーション)が、話題になっている。 筆者のもとには、さまざまなメールマガジン、もしくは広告宣伝メールが届くが、連日のように、DX関連のセミナーやら売り込みが届くことに、少々加熱し過ぎではないか …

詳しくはこちら

失敗の背後にあるもの / 要件定義でつまづいた3つのシステム開発を振り返る

「言いましたよね!?」 できあがったシステムを前に、「これは、私たちの要求とは違います」とクライアントから言われてしまった時。 思わず口にした、「言いましたよね!?」という悲鳴にも似た言葉を、私は何度も聞いてきた。私自身 …

詳しくはこちら

人事評価データ徹底活用のススメ

近年、AIやビッグデ―タといったIoT技術の発展は目覚ましく、一部の技術は研究段階から実用段階に入ったと言えるでしょう。このような流れを受け、企業活動においてもさまざまな場面でデータを活用しようという動きが出ています。 …

詳しくはこちら