組織

企業変革をするために一番必要なこととは?企業内のコミュニケーションの本質②

  ■生産性とは何か 終身雇用が形がい化し、人の多様性を理解することが重要視されている昨今、ひと昔まえのように人海戦術や気合い、従業員の応用力に任せて事業を成功させることが難しくなってきています。 その中で、す …

詳しくはこちら

企業変革をするために一番必要なこととは?企業内のコミュニケーションの本質①

  ■1+1=2ではない 人間とは、不可解な生き物です。だからこそ、古今東西の幾多の哲学者や作家、画家などが、その不可解さの深淵を覗こうと、心血を注いできたのです。 たとえば、哲学者パスカルは「人間には二種類し …

詳しくはこちら

【日本企業の連結経営】仕組みを見直し改善する方法

  ■連結経営と言われて久しいが、日本企業の実態は単体経営 世はグローバル化の波に洗われ、多くの日本企業が世界中に進出しています。 しかし、グローバル化の進展に関わらず、日本企業は単体管理が多く、過去多くの企業 …

詳しくはこちら

日本企業の仕事は効率化しない:自然発生的な仕事とデザインされた仕事の差

  ■働き過ぎがいまだに解決されない日本企業の働き方 日本企業で、従業員の働き過ぎが改めて問題になっています。 官邸も働き方改革実現会議などという会議を開いていますが、おそらく何も達成されないでしょう。外形的な …

詳しくはこちら

日本企業には販売・物流管理というフレームワーク構築とビジネスモデル・プロセス再構築が必要

  ■販売・物流管理という視点が欠落した日本企業は競争力が低下していく 日本企業はかつてない苦境に陥っています。世界の奇跡と言われた高度経済成長も今は昔。失われた20年などと言われ、低迷の時代です。 私が連載し …

詳しくはこちら

改善と生産革新の行き詰まり、狭い視野の“ものづくり”だけでは衰退する

  ■日本の製造業の競争力はまだあるとはいえ、マネジメントが心配 前回の「IoTで起動するSCM(サプライチェーンマネジメント)による顧客囲い込みの衝撃」というコラムでは、IoTによって企業のビジネスモデルが大 …

詳しくはこちら

IoTで起動するSCM(サプライチェーンマネジメント)による顧客囲い込みの衝撃

  IoTによるデータトランザクションテクノロジーがビジネスモデルを変える 前のコラム「IoTとインダストリー4.0は生活と産業を変える。大事なことはIoTで取得するデータを見極めること」でもIoTに触れました …

詳しくはこちら

サプライチェーンマネジメントにおける “水平視野”と“垂直視野”の統合

  ◆世界は繋がり、市場も生産もグローバルになった時代 今の世の中は、販売も生産もグローバルになりました。世界は繋がり、世界中でモノと情報が行き来するようになりました。私が使うPCは中国で作られ、着る服はバング …

詳しくはこちら

タコツボ化=サイロ化からの脱却。日本企業の生き残る道とは

  ■仕事は誰のためにするのか、心配になる日本企業の実例 突然ですが、私の仕事は企業の業務改革やシステム導入を手伝うコンサルティングです。主に大企業が中心ですが、中堅企業も支援します。 企業を支援していて、ここ …

詳しくはこちら

会社の生産性を上げるには。作業を標準化・アウトソーシングして社員の付加価値を上げる | 日本の生産性はなぜ低いのか 6

■多くの人は仕事の「作業」と「考えること」を混同している 日本の製造業は世界的に見ても非常に高い生産性を誇っています。これだけ円高が進んだにも関わらず日本に製造拠点が残っているのは、生産性の高さによってコスト上の不利を補 …

詳しくはこちら