シリーズ:経理のはなし

研究開発費とソフトウェアの仕訳と勘定科目は?減価償却できる? 【シリーズ:経理のはなし25】

メーカーにとって重要な研究開発費について、東洋経済オンラインで興味深いデータが発表されました。 初公開!「研究開発費が大きい」トップ300社 このランキングではトヨタ、ホンダ、日産の自動車メーカーからソニー、パナソニンク …

詳しくはこちら

物件のリース、購入、レンタル…おすすめの方法はどれ?【シリーズ:経理のはなし24 初心者向け】

ここ数年で定着したことばに“シェア(Share)”があります。 もともとは、FacebookやInstagramなどのSNSで投稿された記事や画像を文字通り“共有”することがきっかけで広がっていきましたが、最近ではビジネ …

詳しくはこちら

税効果会計とは。仕訳例をもとに簡単に解説【シリーズ:経理のはなし23 初心者向け】

平成10年に「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」と「株式会社の貸借対照表、損益計算書、営業報告書及び附属明細書に関する規則」が改正されたことによって、税効果会計が適用されることになりました。さて、税効果会計 …

詳しくはこちら

経理に出てくる純資産とは。仕訳例と一緒に解説【シリーズ: 経理のはなし22 初心者向け】

「資産」ということばから連想するものはなんでしょう?土地や建物のような財産的価値をもつものを思い浮かべたり、資産家のお金持ちを想像される方も多いでしょう。では、「純資産」ということばに馴染みはありますか?経理や会計の仕事 …

詳しくはこちら

企業会計原則:一般原則から学ぶ、すべての会計処理が守るべき7つの考え方【シリーズ: 経理のはなし21 初心者向け】

どんな業務でも「基本」や「原理原則」となる考え方が存在します。経理や会計のように様々な制度や法律の影響を受ける業務であれば、その「基本」や「原理原則」の重要度は大きくなります。 ニュースなどで話題となる“粉飾決算”や“不 …

詳しくはこちら

勘定科目の未払金と未払費用と未収収益、前払費用と前受金の違いは?【シリーズ: 経理のはなし20 初心者向け】

発生主義と現金主義の違い。なぜ発生主義がよく用いられるのか?【シリーズ: 経理のはなし19 初心者向け】の中で、企業会計原則の損益計算書原則で説明されている発生主義を引用しました。それは以下の通りです。 “すべての費用及 …

詳しくはこちら

会計の発生主義と現金主義の違い。発生主義がよく用いられる理由【シリーズ: 経理のはなし19 初心者向け】

会社の損益計算をする、すなわち費用と収益を計上する方法として「発生主義」と「現金主義」があります。今回はこの発生主義と現金主義の違いから、なぜ一般的に発生主義が用いられているかを説明していきます。   ■決算の …

詳しくはこちら

償却資産の税額計算から申告・納付まで【シリーズ: 経理のはなし18 初心者向け】

年末調整と同時期に処理する業務に「償却資産の申告」があります。毎年1月1日現在に所有している償却資産の内容について、1月31日までに償却資産の所在する市区町村に申告する必要があります。その申告に基づいて市区町村は償却資産 …

詳しくはこちら

源泉徴収とは?給与や報酬の徴収税額の計算方法【シリーズ: 経理のはなし17 初心者向け】

11月中旬から、にわかに年末調整に関する業務が増えてきます。年末調整とは、簡単に言うと「1年間に納めるべき所得税及び復興特別所得税額を確定させて、源泉徴収という形で納付済みの所得税等の合計額を精算する手続」のことです。 …

詳しくはこちら

地代家賃と付随する勘定科目とその処理【シリーズ: 経理のはなし16 初心者向け】

賃貸物件の契約をしたことがある方は充分ご承知だとは思いますが、会社が新たに事務所や駐車場などの不動産を契約する時にも、いろいろな名目で貸主さんや不動産屋さんとのお金のやり取りが発生します。敷金や礼金、手数料などがそうです …

詳しくはこちら