財務

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第八回】価値あるアウトソーシングに結びつける!財務パーソンの底力

  財務パーソンも他人事ではない、アウトソーシングについてのアプローチ 今やアウトソーシングを検討導入する企業の割合はかなり高くなりました。つまりは、自前の経営資源のみならず、外部調達によるサービスも有効な資源 …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第七回】キャッシュフローを良くする財務パーソンの役どころ

  企業の血液に例えられる“キャッシュ”。流れを良くする役どころの再考。 企業の規模の大小に関係なく、キャッシュフローを無視した経営など、もはやありえません。”勘定合っても銭足らず“ といったことがないように、 …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第六回】PLは、全社共通のコミュニケーションツール!

  PLを効果的にプレゼンすれば、経営改善が 今回は、財務・経理知識があまりなくても、足し算引き算の世界と言われ、解りやすいPL(損益計算書)がテーマです。今更感もあるうえ、昨今では“PL脳”といったワードも飛 …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第五回】「BSとの向き合い方」やはり“バランス感覚”が必須

  財務パーソンにとっての主役クラスの職務 今回は正に財務パーソンにとって本業中の本業と言っても過言ではない、“BS(貸借対照表)”をテーマにお送りします。財務パーソンが担当するBSに関する職務について、単に定 …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第四回】「IFRS実践編」財務パーソンの視点・行動が重要なカギに!

  国際会計基準導入後の財務スタッフは、主体的に前進すべき! いよいよIFRS導入が決定し、本格的に始動しようとする中で、まさに財務スタッフは実践者の立場です。よって、他部署のスタッフや取引先、そして間接的にで …

詳しくはこちら

IFRS新リース会計基準(IFRS16号) 適用に当たってのポイント

  IASB(国際会計基準審議会)は、2016年1月にリース会計の新基準であるIFRS16号「リース」を公表しました。IFRS16号の適用開始は2019年1月以降に開始する事業年度からであり、一般的な3月決算の …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第三回】「IFRS導入」財務パーソンが求められる真の役どころとは?

  国際会計基準導入の幕開け。財務パーソンの役どころを見つめ直す いよいよ自社にもIFRS導入!こんな大イベントが訪れるとなると、大元の会計ルールのみならず、諸々の社内システムや外部のステークホルダーらに向けた …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第二回】情報発信×提案が活きる!財務パーソン:その②「財務パーソンによる現場視点が効いたアプローチとは?」

  良好なアウトプットは、過去データに注視するばかりでは、実現出来ない 財務スタッフは、ファイナンスに関する専門知識を活用しながら、自社の企業価値に関する財務データの変動に注視し、有効な形でアウトプットしていることでしょ …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第一回】情報発信×提案が活きる!財務パーソン:その①「財務スタッフが担う定型業務にフォーカスする!」

  定型業務の自動化よりも、“有効化”を優先する! 企業内における“財務部”と一口に言っても、その役目は業種や規模により様々です。中には、税務・管理会計といった経理としての役目も兼務しているところもあれば、経理 …

詳しくはこちら

融資と出資の違い。中小企業が有効に使える融資制度とは?

企業の経営をするうえで大事なことが資金調達です。銀行からの借り入れや社債または株式の発行など手段はさまざまですが、どれも中小企業にはハードルが高いといえそうです。 中小企業は大企業と比較すると信用力では劣りますが、その分 …

詳しくはこちら