財務管理とは。財務の仕事は企業の発展を資産面からサポートすること

本来の意味を探る女性

財務の仕事は、大きくいえば「企業の経営活動を資金面からサポートすること」といえます。代表的な例が「資金調達」であり、「企業の資金調達とは?調達方法と計画の立て方」で解説しています。しかし、資金調達はあくまで財務管理の一部分にすぎません。

実際の財務管理にはそれ以外にも「資産・資金構成」「資産運用」「M&A(合併・買収)」「企業価値の算定」など多岐にわたります。今回は、財務管理の内容と、うまく仕事を回すポイントを解説します。

 

■財務管理の目的と経理との関係

財務管理の目的は、「会社に必要な資金をどのように調達して」「その資金をどのように運用していくか」の施策を考えて、企業価値を上げるために実行していくことにあります。

経理は会社内で発生した取引に関して、仕訳を通して、記録計算することが業務になるため、財務計画の立案から資金の調達と運用がメインである財務管理とは異なる業務になります。

ただし、財務管理と経理の業務は密接に関連しています。資金の収支は経理業務による記録から確認することになります。つまり、資金の収入のタイミングと支出のタイミングを掴むことができなければ、いつ、どのくらいの資金を調達すべきであるかということが判別できません。よって、経理の業務をきちんと行うことで財務管理の業務も成り立つといえます。実際、財務の仕事を経理部が担当している会社も数多く存在します。

 

■キャッシュの重要性

財務管理で最も重要な要素がキャッシュです。なぜならば、キャッシュがなければ、毎月の仕入先に対する支払いや経費の支払いができなくなり、対外的な信用をなくすからです。
キャッシュは会計上の売上とは異なったタイミングで入ってきます。

会計上は入金がなくても、商品を販売していれば、掛売上という形で売上が計上され、その結果、利益が計上されます。通常は、掛で商品を販売した場合、入金は翌月のタイミングになります。この掛代金が回収できなければ、利益は計上されるけどキャッシュがない状態となり、資金不足の状態に陥ります(いわゆる黒字倒産。「黒字倒産とは。原因を理解してキャッシュフローの重要性を知る」で解説しています)。

よって、財務管理において、「キャッシュの流れをつかんで資金不足を生じさせないようにすること」は重要な業務になります。

キャッシュフローについては以下の記事でより詳細に説明しています。
キャッシュフロー計算書の役割とは。計算書の構成と必要な理由

 

■資産と資金の構成

財務管理上、資産となるのは資金化できるものが対象となります。具体的には、貸借対照表上、流動資産と固定資産に表示されているものになります。

貸借対象についてはこちらをご覧ください。
貸借対照表(BS)の見方と代表的な指標の解説

流動資産とは現金、預金、売掛金、受取手形、商品などの早いタイミングで現金化できる資産であり、商品売買で発生した資産になります。現金以外のものは、遅くても2ヶ月から3か月以内でキャッシュとして見込め、財務上の資金として活用できるものになります。

固定資産は本来、有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産の3つに分かれますが、この中で、有形固定資産は売却することで現金化できます。有形固定資産とは具体的に建物、備品、土地のことです。これらのものは使用することを目的として所有していますが、売却することでキャッシュとして見込めます。ただし、流動資産のように早期のタイミングで現金化できるものではないです。資金不足が生じて、多額の資金を必要とする場合に財務上の資金として活用することが多いです。

一般的に、企業の短期的な安全性を測る尺度として「流動比率」があります。これは流動資産を流動負債で割ったもので、単純にいえば「短期的に現金化できる資産を短期的に返す必要がある負債の何倍持っているか」を示すものです。よって、流動資産は多いほうが望ましいといえます。

固定資産を使う尺度で代表的なものは「固定比率」です。これは、固定資本を自己資本で割ることで求めることができ、土地や建物といった固定資産をどれだけ自己資本でまかなっているかを示しています。この指標は低ければよいとされています。

 

■資金の運用

財務管理において、資金を運用することも重要な業務です。会社が運用するべき資金は「短期の運転資金」と「長期資金」に分かれます。

短期の運転資金の調達は、商品を販売して得られるキャッシュがメインとなりますが、その資金でも不足する場合は銀行からの借り入れや手形の割引を活用することになります。

長期資金は一般的に、内部留保または金融機関からの借り入れ、社債の発行などで賄います。そこで得た資金で新規の設備投資や旧設備の増改築を行うことになります。

よって、資金運用を行う際はキャッシュのストックとフローを掴むことが大事になります。このストックとフローを把握するには資金運用表を作成することが必要となります。資金運用表には資金の調達手段と運用手段を開示していきます。資金運用表について、また別の機会に紹介できればと思います。

 

■予算管理

財務管理における予算管理は以下の4つに分かれます。

・売上予算
過去実績の売上データから今後の予測や経営陣の目標値とする数字をもとに売上の予算を立てていきます。この売上予算は単純に販売単価×予測販売量で求められます。よって、需要の予測から販売量の目標値を設定して、販売単価を設定することが必要になります(実際はさまざまなデータに基づいた精緻な分析が必要です)。

・原価予算
原価とは売上に対する売上原価の予算のことです。この売上原価の計算は、サービス業と製造業の場合で異なります。サービス業の場合は、「売れた商品」に対する原価(無形なモノの場合はほぼ外注費や人件費に相当)であり、製造業の場合は、「製品」を製造するためにかかった原価からとらえる必要があります。

いずれにせよ、商品1個あたりないし製品1個あたりの原価を計算する必要があり、この1個あたりの原価×予測販売量によって、原価予算を設定します。

・経費予算
この経費は売り上げと比例する原価と異なり、売上と比例しない家賃や固定給の給料などの固定費の予算になります。

・利益予算
この予算は売り上げから原価と固定費を差し引きした利益に関する予算であり、最終的には経営者が一番関心を持つ予算となります。この予算は将来的な経営計画にも関連してくるものであり、財務管理においても重要な予算となります。

 

■財務管理をうまく進めるには

財務管理を上手く進めるためには、財務分析などの専門的なスキル以外にも、社内の情報収集力がポイントとなります。経理部と財務部が別の部署である場合は、経理データを入手する必要があります。また予算を立てる際は営業部門からの経理部だけではわからない売上・売上予測データや製造業の場合であれば原価データを入手する必要があります。もちろん、そのデータに関するヒアリングも忘れてはいけません。

よって、様々な部署から情報収集してまとめたあと、その数値の根拠を分析する力が必要となります。数値だけを見て財務戦略を策定するのではなく、数字の背後まで考えをめぐらさなければいけません。表には出ないかつ大変ではありますが、企業の土台をつくる仕事でもあります。

ライタープロフィール

くもと編集

くもと編集

マーケター兼編集者

NOC 当コンテンツの編集者。 宝飾業界と広告会社を経て2008年 NOC入社。営業や制作ディレクターを経験し、現在はWebマーケティング担当兼当コンテンツの編集を担当。 「NOCのサービスに直接関係のない記事であっても、読んでくれた方の役に立つ情報をお伝えしていきます。」