経理代行サービスのメリットは?選び方と代行サービス5選

経理業務は会社を経営していく上で必須ですが、専任スタッフを社内で抱えておくと、業務のない時にも人件費が発生してしまいます。そこで近年は、経理代行サービスが注目されています。経理代行サービスの選び方や具体的な代行サービスを紹介しましょう。

 

経理の仕事を理解する

経理の業務は非常に多岐に渡ります。その中でどのような業務を代行サービスに委託するかを検討するには、経理の仕事を正確に把握しておかなければなりません。まずは経理の業務内容や財務・会計との違いについてしっかりと理解しておきましょう。

経理の主な仕事

売上管理や給与・保険・税金の計算、決算書や請求書の発行など、経理の仕事を一言で言えば、会社のお金を管理することです。

会社では日々、売上金や経費などのさまざまなお金が社内外を行き来しています。そうしたお金の正しい流れを追い、正確に管理することが経理には求められるのです。

経理が直接会社の売上や収益に関連することは希ですが、会社を運営していく上で、無くてはならない仕事だといえるでしょう。

財務や会計との違い

『財務』や『会計』は経理と混同しやすいため、注意する必要があります。

財務の業務は、銀行との融資交渉やM&Aといった資金調達、資産運用などです。会社の予算や事業計画に合わせて使用するお金を管理することが財務の主な仕事となります。

会計の業務は経理よりも広い範囲に及びます。会計は企業のお金の管理全般を担当する仕事です。経理が行なうような帳簿作成の仕事なども含め、さまざまな面から企業のお金の流れを管理します。つまり経理は会計の仕事の一部ということです。

 

経理代行とは

経理業務について、常にスムーズにいくとは限りません。経理担当者の退職や、なかなか求人に応募がないというケース、経理業務を行える知識やノウハウを持った人材の不足など、問題を抱えることもあります。

また、経理業務は非常に複雑です。経理について詳しくない人間が業務を行おうとすれば、時間的にも効率が悪く、精神的な負担も大きくなってしまうでしょう。

そういった問題を解決するサービスとして経理代行が注目されています。経理代行とはどのようなサービスなのかを詳しく見ていきましょう。

経理のアウトソーシングサービス

経理代行とは、経理を外部委託(アウトソーシング)することです。会社の経理の手が回らない部分を、経理代行を営んでいる企業に依頼します。

経理代行は経理のみを行っている専門企業もあれば、大手グループが別の部門のノウハウを活かし、経理経験者を集めてサービスを行っているケースもあるなど、水準や業務の幅はさまざまです。

代行サービスの主な内容

代行サービスは、主に次の五つの業務を行っています。

・記帳業務
・売掛金・買掛金の管理
・給与・税金・保険の計算
・決算書の作成や申告
・年末調整

専門性の高いスタッフがいる場合、経理コンサルティングや業務改善を行うサービスもあります。

 

経理代行サービスのメリット

それでは実際に経営代行サービスを使うことで、企業にどのようなメリットがあるのかを解説します。

コストカット

経営代行サービスの大きなメリットは『コストカット』です。経理の仕事には繁忙期と閑散期があり、繁忙期のための人員を常に抱えておくと無駄な人件費がかかってしまうでしょう。かといって繁忙期だけ増員するのは、専門性の高さから困難です。

そこで経理代行サービスを利用することで、必要な時期にのみ経理の人件費を投入し、通常業務は最低限の人員でこなすことが可能になります。求人にあてる費用もカットできるので、コストをかなり抑えることが可能になるのです。

人的リソースを削減できる

経理の仕事が多忙になったり、担当者が退職したりなどの事情によって、専門知識やノウハウのない社員が経理業務を行うケースも出てくるでしょう。その場合、オペレーションなど別の作業が発生することになります。

そうした経理に割かなければならない人的リソースを削減できるのは、経理代行サービスの大きなメリットといえます。

また別の問題として、経理の業務は法律や税制の改正によって見直しが必要になるため、そうした動きをチェックし、必要なら業務改善をしなければなりません。そうした外因によって改善作業が発生する場合でも、外部の経理代行サービスに経理を一任しておくことで社内の人的リソースを割くことがなくなります。

誤りや不正の防止

経理業務はその性質上、人事異動による配置換えが難しく、同じ担当者が長期にわたって業務を行うことが多くなります。そのため担当者しか知らないノウハウやオペレーションが生まれてしまい、ブラックボックス化しやすいのです。結果、不正が行われていても気づかない状況が発生するリスクがあります。

また、知識や経験の乏しいスタッフの起用や、他の仕事と並行で行うことでミスが発生しやすくなります。経理のミスは会社の信用に直結することでもあり、軽微な問題ではありません。

経理代行サービスでは、経験や知識を十分に持ったスタッフが業務を行うため、このような誤りや不正が発生しにくく、また何らかのミスが生じた場合でも代行サービスに補償を求めることができるため、リスクを軽減できます。

業務効率の向上

経理代行サービスを使うことで、業務効率の向上が見込めます。その理由の一つは、経理の経験豊富なスタッフが職務に従事することで、社内の担当者に行わせるよりもはるかに業務作業の速度と正確性が向上するためです。

また経理担当者を採用した場合、経理担当者の勤怠管理や仕事内容のチェックを行わなければなりませんが、経理代行サービスなら不要です。社内の従業員それぞれが本来やるべき職務に専念できることも大きなメリットといえるでしょう。

その他メリットについてはこちら

 

経理代行サービスのデメリット

一方で経理代行サービスにはデメリットも発生します。メリットとデメリットどちらも把握した上で、代行サービスを使うようにしましょう。

育成はできない

経理代行サービスを使うデメリットの一つとして、担当者の育成が難しいという点が挙げられます。

経理代行サービスを使う場合、経理の仕事を外部に任せきりになるため、社内の経理担当者は育ちません。つまり経理に関する経験やノウハウが、社内に蓄積されることがないのです。

そのため常に経理に関する業務が、些細なことであってもアウトソーシングしなければならないという、非効率な体質になってしまう可能性もあります。

ノウハウを蓄積したほうがよいのか、それとも現在のコストを抑えること優先して経理代行サービスを利用するのか、長期的な視点で検討する必要があるのです。

高額になる場合も

スタッフの専門性の高さを経理代行サービスのメリットとして挙げましたが、専門性の高い技術者を雇う場合は費用がどうしても高くなります。

そのため、業務内容によっては社内のリソースを使う場合よりも高額になってしまうことがあります。

かといって費用を抑え過ぎると、専門性の低いスタッフが派遣される可能性や、代行してもらえる業務内容の範囲が狭くて不便を感じることがあるかもしれません。

自社のやり方に合わせてもらえるかどうかを確認しながら、適切なコストパフォーマンスになるように検討する必要があります。

情報セキュリティのリスク

情報セキュリティの観点から自社のネットワークのみでデータ管理を完結させているケースであっても、経理を代行してもらう場合、データを外部に送る必要が出てきます。そのため、情報の漏洩や紛失のリスクについても注意する必要があるのです。

経理の情報は会社の決算や資産などの重要な情報であるため、漏洩には高いリスクが伴います。そのため、外部にデータを渡すための社内の体勢を整え、依頼先の企業がセキュリティについてしっかり保証しているかどうかを確認する必要があります。

その他デメリットについてはこちら

 

経理代行費用の目安

経理代行といっても、業務によってかかってくる金額はさまざまです。また委託先を決める上でも相場についてある程度知っておいた方がよいでしょう。

経理代行サービスの費用の目安を業務内容ごとに解説します。

内容別の料金相場

経理の仕事としてもっともオーソドックスなのが『記帳』です。記帳の作成を代行サービスに依頼する場合、月額800~1000円程度が相場となります。この金額は仕訳数や依頼内容の範囲によっては高額になることがあるようです。

次に『経理業務全般』を行ってもらう場合には、最低単価が月に3万円程度が相場です。これも業務内容や会社の規模によって異なるので一概にはいえません。

『決算書の作成』や『法人税の申告代行』は5万~20万円程度が相場になるでしょう。

『給与計算代行』は人数×単価です。単価は1000~2000円ほどが相場で、企業規模、そして保険料などの差引額によっても異なってきます。

価格は経理代行サービスの委託先や内容、会社の規模などによってかなり変動しますので、実際には複数の会社から見積もりを取るようにした方がよいでしょう。

その他経理代行サービスの料金についてはこちら

派遣社員との比較

給与の計算や請求書の作成といった簡単な経理業務を『派遣社員』に任せている会社もあるようです。派遣社員と経理代行を比較した場合、どちらがお得なのでしょうか?

経理代行の専門性にもよりますが、派遣社員を雇った方が全体的なコストが抑えられる可能性があることは否定できません。ただし、派遣社員に業務を任せる場合に注意すべき点がいくつかあります。

まず、派遣社員は経理のエキスパートではありません。経理代行を専門としている企業に任せるよりも作業効率が悪くなる場合があります。作業ミスが発生する可能性も高まるでしょう。

また、決算書の作成などの重要な業務については断られる可能性もあります。その場合は結局、社内リソースを割かねばならず、トータルコストでは派遣社員を使った方が高くつくことも考えられるのです。

その他経理代行サービスの費用についてはこちら

 

経理代行の選び方

さまざまな企業が経理代行サービスを提供しています。価格以外に、どのようなポイントを比較して選べばよいのかを解説します。

業務内容や範囲

経理業務の範囲は広いため、まずは社内でどこまでを外部に依頼するのかを検討する必要があります。

単純なデータ入力であれば問題ありませんが、資産管理や融資の相談といった業務になると、スタッフの専門性が求められます。そのような業務を依頼したい場合は、公認会計士や税理士といったプロを抱えているサービスに頼んだ方がよいでしょう。

例えば売上管理を任せるにしても、業種・業態によっては企業独自の管理が必要なケースもあり、そういった特殊な経理には対応していないサービスもあります。そうしたイレギュラーを代行に任せるとなると、依頼先は絞られてくるでしょう。

セキュリティ

経理代行を外部に依頼するということは、社内の売上や仕訳内容といった重要なデータを外部に持ち出すことでもあります。そのため、経理代行サービスのセキュリティについての取り組みをチェックしましょう。

データの受け渡しについて専用のサーバーや暗号化などのセキュリティ対策を行っているかどうか、スタッフのセキュリティ水準は高いかどうか、そして作業環境は外部にデータが持ち出せないように十分な配慮がなされているかなどの事前確認が必要です。

継続的な対応

継続的な対応を求めるのかどうかも選定のポイントになります。なぜなら経理の作業量は会社の成長に合わせて変化していくからです。

起業したばかりの企業と、上場企業、また逆に業務縮小を行おうとしている企業など、企業の状況によって経理内容も変化が生じます。

そうした変化が発生するたびにサービスを乗り換えるのは余分なリソースが発生するため、自社の変化を考慮しているのであれば、企業規模や業種にある程度の融通が利く依頼先を考えた方がよいでしょう。

一過性の人事不足や繁忙期による臨時の対応であればそこまで考慮する必要はないかもしれません。会社の状況と将来を見越した上で、経理代行について検討する必要があります。

その他経理代行サービスの比較についてはこちら

 

経理代行を選ぶなら

実際に経理代行の依頼先としておすすめの企業を紹介します。高い水準の企業ばかりですので、それぞれの特性を踏まえた上で参考にしてください。

老舗で信頼性の高いNOC

NOCは設立から30年にわたって続いている企業であり、アウトソーシングの実績は1000社以上にものぼる老舗の企業です。人材育成やシステム開発など、現代の経理に対応できる強みを持っています。

関連業務の可視化、業務設計まで行ってくれるほか、財務の観点からコンサルティングや業務改善のアドバイスを受けることも可能です。1000人を超える専門スタッフ(全サービス合算)がいて、幅広く高度な内容であったとしても迅速に対応してもらえます。

定期的な訪問やスケジュール管理といったその他のサービスも充実しているため、経理リソースの大幅削減が見込めるサービスです。

NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社

 

全国網羅のNTTビジネスアソシエ

NTTグループが提供しているアウトソーシングサービスだけあって、全国各地に会社があることが強みです。フットワークが軽いのがメリットといえるでしょう。

NTTのグループ内のノウハウを使い、ワンストップ・オペレーションを実施しています。米国シェアードサービス最優秀企業賞を受賞したという実績もあって、信頼性の高いサービスです。

NTTビジネスアソシエ

 

日立グループの日立トリプルウィン株式会社

日立のキャピタルグループによる経理アウトソーシングサービスです。日立グループのデータセンターで365日24時間監視しているため、万全のセキュリティ体制を持っています。地震や火事などの災害が発生しても、データのリカバリが可能です。

メールの監視や秘密保持契約書の徹底など、スタッフに対する情報セキュリティもしっかりしているので、データの管理を安心して任せられます。

日立トリプルウィン株式会社

 

訪問型もあるLIXIL住生活ソリューション

建築材料・住宅設備機器を手がけているLIXILグループが提供している経理アウトソーシングサービスです。広い範囲の経理業務を代行しています。

訪問型のプランと、センター型の2種類の依頼方法があります。訪問型は直接来訪して作業担当者への教育も行ってくれるプランです。

センター型はデータを送るだけなので作業が楽で、余計なリソースも発生しません。見積もりを無料で行ってくれるため、用途に合わせて最適なタイプを選びましょう。

LIXIL住生活ソリューション

 

オーダーメイド型の辻・本郷 税理士法人

企業ごとに仕訳の内容や種目は異なるため、経理代行にも柔軟性が求められます。辻・本郷 税理士法人は業務内容をオーダーメイドで請け負ってくれるため、企業の業務に寄り添う形での経理業務を行ってくれます。

全国・海外にも拠点があり、いずれもプロのスタッフが活躍しています。海外法人にも対応しているため、海外に事業展開している企業にもおすすめです。

辻・本郷 税理士法人

その他経理代行企業についてはこちら

 

まとめ

経理の仕事は企業にとって欠かせないものです。業務内容は専門性が高いため、社内リソースでの解決が難しい場合は、業務代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

その際、依頼先を選ぶポイントとしては依頼できる業務の範囲やセキュリティ、そして将来に向けて継続して付き合っていけるかどうかを含めて検討することが重要です。使い方次第では経理コストや社内リソースを大きく削減してくれる可能性が高くあります。

 

◆関連ブログ
経理アウトソーシングの費用相場とは。目安や概算方法を解説
経理アウトソーシング5社を比較。メリットや選び方とは
経理アウトソーシングのメリット・デメリット比較。要点を押さえよう
経理アウトソーシングでおすすめの会社は?検討や比較のポイント
上場企業は経理アウトソーシングをどう使う?活用例やポイントの解説
経理アウトソーシングのメリットとは?外注先を選ぶポイントも解説
経理アウトソーシングの料金相場。主な業務内容とともに紹介

 

ライタープロフィール

パプリカ

パプリカ

外資系総合商社と総合マーケティング支援会社にて法人向け営業職を経験。 世の中にあふれる情報をかんたんにわかりやすく、一人ひとりに合ったかたちで伝えることをミッションに活動中。