経理アウトソーシングのメリット・デメリット比較。要点を押さえよう

経理は必ず発生する業務です。しかし経理担当者の退職などの理由で経理処理の問題が発生するケースはしばしば発生します。そんなとき、経理アウトソーシングを頼ってみてはいかがでしょうか。経理アウトソーシングの要点について解説します。

 

経理アウトソーシングとは

経理アウトソーシングとは、会社の経理業務の一部または全てを代行してくれるサービスのことです。事業規模や業務内容に合わせてさまざまな会社がサービスを展開しています。 まずはどのような業務を代行してくれるのか、経理アウトソーシングの実態について把握しましょう。

主な業務内容

経理アウトソーシングが行ってくれる主な業務には以下のようなものがあります。

・記帳業務
・給与計算
・年末調整
・決算申告・決算書の作成
・売掛金ならびに買掛金の管理

その他にも、経理に関するコンサルティングをはじめ、経理業務全般を請け負う会社もありますが、会社ごとに料金や請負可能な業務に違いがあるため、依頼する前に自社のニーズを満たすサービスがあるかを確認する必要があります。

 

経理アウトソーシングのメリット

経理アウトソーシングを利用する企業は規模を問わず多くあります。経理アウトソーシングを利用することでどのようなメリットが生まれるのかを、まずは解説しましょう。

需要に合わせた運用ができる

経理の仕事は1年を通して年中忙しいというわけではありません。年末などの繁忙期もあれば、忙しくない時期もあります。 また、経理担当者の退職や求人の状況など、経理で欲しい人員数は状況次第で違ってくるでしょう。 経理アウトソーシングは、経理に必要なリソースをその時々の状況に応じて運用できるのがポイントです。自社の状況の変化に合わせて適切な人材を配置できます。

コストの削減が可能

自社だけで経理の人員をまかなおうとすると、どうしても繁忙期には人員が不足し、閑散期には人員を余らせてしまいがちです。特に繁忙期の準備をしようと思うと、経理の教育を含めたコストがかかってしまいます。 しかし、経理アウトソーシングを利用すれば自社の需要に応じて適切な人員の運用が可能になるため、コスト削減が期待できます。また、経理の教育をせずに元からスキルを持った人員が業務に当たるため、教育費の削減も可能でしょう。 加えて経理のプロによる作業であれば、自社の人員よりも人数を減らすことにも期待ができ、その分でコストをさらに下げることもできるようになります。

誤りや不正防止につながる

経理の業務は細かい数値と向き合い、またどこかで少しでもミスがあればその他の数字もずれてしまうため、正確性が求められます。そのため経理の業務は慣れていない人には難しく、ミスの発生を防ぐには専門家に任せるのが最良です。 また、経理は専門性が求められるため、どうしても社内の特定の人間の担当になりやすく、情報がブラックボックス化しがちです。それがときに不正を招くこともあります。 しかし経理アウトソーシングを利用することで、経理の体制をオープンにできますし、契約の範囲内で相手に対し補償を求めることも可能です。

 

経理アウトソーシングのデメリット

一方、経理アウトソーシングにどのようなデメリットがあるのかをご紹介します。メリットと比較した上で利用を検討するようにしましょう。

逆に割高になる場合もある

経理アウトソーシングを利用すると、かえってコストがかかる可能性があることも否めません。 業種・業態によって仕訳数などをはじめ経理の方法は異なります。それに対応してもらおうとすると費用がかかり、結果として派遣や社内の人員で処理した方が圧倒的に安くなることもあるのです。 どこまでの業務を任せるかは検討しなければなりません。

セキュリティ上のリスク

経理業務を外の会社に頼むということは、社内のデータを外に出すということでもあります。その際に問題になってくるのは、外へのデータの持ち出し方法と、外部の人間が漏洩するリスクがあるということです。 そのため、安易に費用を抑えようと信用の不確かな会社に依頼すると、そのまま情報漏洩されてしまう危険があります。情報セキュリティのしっかりした会社に依頼することと、窓口となる社員にきちんとセキュリティについて教育するようにしましょう。

社内での育成にはつながらない

外部の人間に経理業務を一任していると、いつまで経っても内部に経理のノウハウが蓄積しません。そのため、経理業務をずっと外部の会社に委ねることになります。 社内のマネジメントや社員育成をサービスの一環として行っている会社もあるので、社内の人間を育成する場合、そういったアウトソーシング会社に依頼するなどの方法を考えなければなりません。

 

まとめ

経理アウトソーシングを利用することで、企業が抱えている経理の問題が一気に解決する可能性もあります。状況に合わせた運用によるコスト削減や不正防止、さらに経理業務を切り離すことで企業内の人間が自分の業務に専念できるというメリットもあるでしょう。 しかし一方で、複雑化した処理を任せることで採算が合わなくなったり、外部に情報漏洩するリスクが発生したりすることもあります。社内に経理のノウハウが蓄積されていかないのもデメリットと言えそうです。 経理アウトソーシングを依頼する際には、メリットとデメリットをしっかりと天秤にかけて、自社にとって最も良い委託先を選ぶことが求められます。

 

◆関連ブログ
経理代行サービスのメリットは?選び方と代行サービス5選
経理アウトソーシングの費用相場とは。目安や概算方法を解説
経理アウトソーシング5社を比較。メリットや選び方とは
経理アウトソーシングでおすすめの会社は?検討や比較のポイント
上場企業は経理アウトソーシングをどう使う?活用例やポイントの解説
経理アウトソーシングのメリットとは?外注先を選ぶポイントも解説
経理アウトソーシングの料金相場。主な業務内容とともに紹介

 

ライタープロフィール

パプリカ

パプリカ

外資系総合商社と総合マーケティング支援会社にて法人向け営業職を経験。 世の中にあふれる情報をかんたんにわかりやすく、一人ひとりに合ったかたちで伝えることをミッションに活動中。