上場企業は経理アウトソーシングをどう使う?活用例やポイントの解説

経理アウトソーシングは中小から大企業まで、さまざまな企業が活用しています。中でも上場企業の場合はどのようにアウトソーシングを導入しているのでしょうか?必要な要件や実際の活用例を交えつつ紹介しましょう。

 

経理アウトソーシングが利用される背景

経理アウトソーシングは近年さらに注目度があがっています。なぜ経理アウトソーシングが利用されるのか、まずはその背景に注目しましょう。

効率向上やコストカット

経理アウトソーシングを利用する理由として多いのが、

・本来の業務に集中したい
・経理にかけるコストを削減したい

という2点ではないでしょうか。経理の仕事は企業の利益に直結するものではないため、どうしてもコストカットに目が向いてしまいます。 経理の仕事は年中忙しいわけではありません。そのため経理のために人を雇っていても持て余す可能性もありますし、人が少ない場合は他の部署の人間に一時的に経理の仕事を任せるなどして、本来の業務に集中できないといった課題を抱えることもあります。 そこで、経理アウトソーシングを利用することで、必要なときにだけ人員を配置し、さらに社員を経理と切り離して本来の業務に集中させることができるようになるのです。

 

経理アウトソーシングで代行できる業務

経理アウトソーシングでは実際にどのような業務を代行してくれるのか、また上場企業にとって必要な業務について解説します。

一般的な経理業務

経理アウトソーシングでは、次のような一般的な経理業務を代行してくれます。

・記帳代行
・経費精算
・給与計算
・見積書や請求書の発行
・買掛金・売掛金の管理
・決算書の作成

その他にも年末調整や銀行への振り込み手配などの仕事があります。経理アウトソーシング会社によっても業務内容は異なるため、あらかじめ確認しましょう。

上場企業に必要な経理業務

上場企業の場合、IRをはじめとして経理業務はより専門的なものが求められます。特に次の経理業務を経理アウトソーシング会社が対応しているかは確認しましょう。

・開示請求書類作成の運用・サポート
・監査法人対応
・連結決算への対応

上場企業は決算短信や四半期報告書などを提出する義務もあります。また、子会社が親会社へ報告する連結決算への対応、監査法人資料の作成なども業務として行わなければならず、より精度の高い業務を行える経理担当者が必要です。

 

上場企業のアウトソーシング活用について

上場企業は経理アウトソーシングを利用する際に、全てを任せるケースは少ないようです。では実際にどのように活用しているのかを紹介します。

長期的な展望が必要

上場準備期間や、上場したばかりの時期はたくさんの業務を行わねばならず、また経理に関するノウハウも少ないため、経理アウトソーシングを利用する機会は増えます。 しかし、その業務量は事業成長とともに膨らんでいくため、アウトソーシングだけに頼っているとコストは膨らんでいく一方です。また、専門的で複雑なトラブルや、他の部署との連携も考慮すると、やはり自社内に経理担当者がいた方が良いでしょう。 初期は無理でも、将来を見据えて自社で経理担当を育てていくことも考えなければなりません。そこで、経理アウトソーシングの中でも、経理担当者の育成やコンサルティングを行ってくれるサービスを利用してみることをおすすめします。

子会社化して業務を集約するケースも

さまざまなグループ会社を抱えている企業では、会社一つごとに経理担当者を配置するのはあまり効率的とは言えません。そのため、経理担当者を集約して子会社にし、そこに全ての経理業務を集約しているケースもあります。 そうした大手企業の経理専門の子会社が、他社のアウトソーシングを引き受けていることもあるようです。上場企業での経理業務の実績と知識があるため、安心して経理アウトソーシングを任せることができます。

 

経理アウトソーシングサービス会社3

経理アウトソーシングで上場企業にもおすすめのサービス会社を3社紹介します。

 

老舗で安心のNOC

僭越ながらまずは自社のことをご紹介。30年にわたって1000社以上の業務改善をした経験豊富な会社です。 RPAコンサルタントやエンジニア、プロジェクトマネージャークラスの人員で構成されたプロフェッショナルチームによって、経理アウトソーシングだけでなくコンサルティングや人材のトレーニング等もしてくれます。 また100社を超えるアライアンスパートナーがいて、細かいニーズにも専門的に対応できる取り組みを行っているのが特徴です。

NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社

 

日立グループで知名度の高い日立トリプルウィン株式会社

日立キャピタルのグループ会社で、日立の子会社で培った経験を活かした経理アウトソーシングを行います。 特筆すべきはセキュリティレベルの高さです。データセンターによる管理・監視に加えてアクセス制限や内部監査もしっかり行っていて、データを脅威や事故から守っています。 データの扱いを安心して任せられる会社です。

日立トリプルウィン株式会社

 

NTTグループのNTTビジネスアソシエ

元々はNTTグループ内で経理業務を担当していましたが、現在はグループの外にも幅を広げ、経理アウトソーシングを行っています。NTTグループの経理に長けた人材を採用した、フルスコープ型のアウトソーシングが特徴です。 米国シェアードサービス最優秀企業賞を受賞した実績もあり、経理に関する問題や課題に的確な回答を導き出してくれるでしょう。

NTTビジネスアソシエ

 

まとめ

上場企業が経理アウトソーシングを導入する場合、より精度と専門性の高い会社に依頼する必要があります。 大企業の子会社であれば上場企業における経理経験もありますし、経理実績の豊富な経理アウトソーシング会社もありますので、特徴やサービスを比較しつつ依頼先を選んでみてください。

 

◆関連ブログ
経理代行サービスのメリットは?選び方と代行サービス5選
経理アウトソーシングの費用相場とは。目安や概算方法を解説
経理アウトソーシング5社を比較。メリットや選び方とは
経理アウトソーシングのメリット・デメリット比較。要点を押さえよう
経理アウトソーシングでおすすめの会社は?検討や比較のポイント
経理アウトソーシングのメリットとは?外注先を選ぶポイントも解説
経理アウトソーシングの料金相場。主な業務内容とともに紹介

 

ライタープロフィール

パプリカ

パプリカ

外資系総合商社と総合マーケティング支援会社にて法人向け営業職を経験。 世の中にあふれる情報をかんたんにわかりやすく、一人ひとりに合ったかたちで伝えることをミッションに活動中。