経理アウトソーシングのメリットとは?外注先を選ぶポイントも解説

『経理アウトソーシング』は、経理業務で多様な問題を抱えている企業から注目されています。経理アウトソーシングを利用することで企業にどのようなメリットがあるのか、そして外注先を選ぶ際にすべきことを解説します。

 

経理アウトソーシングのメリットとは

経理業務を外部委託する『経理アウトソーシング』が注目を浴びています。経理を外部委託することでどのようなメリットが生まれるのかを、まずは説明していきましょう。

総人件費を節約できる

経理を社内でまかなおうとすると、以下のコストが必要になります。

・繁忙期に備えた人員の確保
・経理業務を行うための専門的な教育
・社会保険
・採用のための広告・宣伝費など

さらに、機材やツールの導入といったコストもかかってきます。どこまでの業務を外注するかにもよりますが、これらの人件費ならびにそれに関連する費用を節約することが可能です。

本業と分けて業務を行える

経理業務をアウトソーシングすることによって、より利益に直結する業務にリソースを集中することができます。 勤怠管理や記帳といった業務は正確性が求められる上に時間がかかる業務のため、そうした業務を外注することで社員に本来の業務に専念させ、パフォーマンスを向上させることが可能です。

退職リスクや法改正への対応

経理の仕事は専門性が必要なため、担当者を固定しているケースが多いのではないでしょうか。そのため経理担当者が退職してしまうと、後任者がいなくなってしまう問題が発生します。 ほかには、想定より多い退職者が出てしまった際に、経理業務が滞ってしまうこともあるでしょう。そうした退職リスクに対してアウトソーシングは効果的です。 また、経理業務を内部で行うケースでは税制をはじめ法改正について常にチェックし、改正があれば内部の仕組みを変える必要があります。こういった問題も外部の会社に経理を任せていれば、企業内で行わずにすみます。

 

外注先を選ぶポイント

経理アウトソーシングを任せる外注先の会社を選ぶ際に、次のポイントをおさえているかチェックしましょう。

外注先の専門性

委託先の経理業務のレベルが自社以下となると、時間もコストも必要以上にかかってしまいます。そのため、まずは経験年数や過去の実績を確認し、求めているレベルの業務をこなせる専門性があるかを確認しましょう。 特に重点を置きたいのは、公認会計士や税理士といった経理の専門家がいるかどうかはチェックしておきたいところです。

費用対効果

費用の安さだけで外注先を決めてしまうと、求めている成果が得られないばかりか、作業クオリティの面で問題が発生することがあります。 特に専門家がいないサービスについては、単純なデータの記録等しか請け負ってもらえず、決算・申告の作業については新たに外注先を探すことになりかねません。 また、専門家が高い経理アウトソーシングでは、経理に関するコンサルティングを行ってくれるなど、専門性の低い会社には真似できないサービスを行っている場合があります。 かけた費用に対してきちんと結果が得られるかどうかという面から、外注先を選定しましょう。

セキュリティ対策

経理アウトソーシングでは、自社の経理データを外部の人間と共有することになります。しっかりとしたセキュリティ対策が施されていない会社に外注してしまうと、データの漏洩・紛失が起きやすい状況を生み出してしまいます。 データを監視する仕組みがあるかどうか、データのバックアップなどはしっかり行う会社であるのかを確認しましょう。 また、スタッフのセキュリティに対する意識も重要です。外注先のスタッフのデータの扱い方や受け渡し方法なども確認することをおすすめします。

 

導入の前に検討すべきポイント

経理アウトソーシングを導入する前に、自社でやっておくべきことを解説します。

自社の分析と業務の洗い出し

外注する前に、まずは自社内の経理に関する問題を洗い出しましょう。経理が抱えている問題と、外注すべき業務内容が明確になります。 そうすることで、外注しようとしている業務に強い外注先を選びやすくなりますし、外注する業務内容を絞ることで費用を抑えることにもつながります。 また、アウトソーシングを行うメリットとデメリットについても自社で検証し、対策を立てましょう。アウトソーシングを行うと社内で経理のノウハウが培いにくいため、どのように社内で経理業務を行っていくかといった課題も見えてきます。

担当者との面談と見積り

その後はアポを取り、外注先の担当者と面談をしましょう。委託したい業務をこなせるだけのスキルがあるかどうか、そして実際に作業する上での具体的な工程や作業内容について確認していきます。 その後は見積書をもらい、予算内に収まっているかを検証した上で委託する業務を決定しましょう。見積もりまでは無料で行ってくれる会社もあるので、複数の会社から見積もりを取って比較してみるのも有効です。

 

まとめ

経理アウトソーシングを行うことで、コスト削減や本業への専念、法改正や退職リスクに対応しやすくなるというメリットがあります。 自社の現状を踏まえ、外注する内容を決定した上で検討すれば、より効果的に経理アウトソーシングを行うことができるでしょう。

 

◆関連ブログ
経理代行サービスのメリットは?選び方と代行サービス5選
経理アウトソーシングの費用相場とは。目安や概算方法を解説
経理アウトソーシング5社を比較。メリットや選び方とは
経理アウトソーシングのメリット・デメリット比較。要点を押さえよう
経理アウトソーシングでおすすめの会社は?検討や比較のポイント
上場企業は経理アウトソーシングをどう使う?活用例やポイントの解説
経理アウトソーシングの料金相場。主な業務内容とともに紹介

 

ライタープロフィール

パプリカ

パプリカ

外資系総合商社と総合マーケティング支援会社にて法人向け営業職を経験。 世の中にあふれる情報をかんたんにわかりやすく、一人ひとりに合ったかたちで伝えることをミッションに活動中。