経理アウトソーシングの料金相場。主な業務内容とともに紹介

経理アウトソーシングの料金相場を、業務内容とあわせて紹介します。経理は直接利益に結びつく業務ではないため、コストをどこまで抑えられるかが重要です。経理アウトソーシングの料金相場を知り、どの程度節約できるのかを検討してみてください。

 

経理アウトソーシングについて知る

経理業務を代行してくれる経理アウトソーシングが、経理業務のコストを抑えるために注目されています。経理アウトソーシングの業務内容や、コスト以外のメリットについてまずは注目しましょう。

経理アウトソーシングの業務内容

経理アウトソーシングで行える業務内容には、次のようなものがあります。

・記帳代行
・経費精算
・給与計算
・見積書や請求書の発行
・買掛金・売掛金の管理
・決算書の作成

基本的には、経理に関わる業務であれば全般を外注することが可能です。ただし、委託先の専門性によっては受注不可能な仕事もあります。そのため業務内容によって委託先を選択しなければなりません。

経理アウトソーシングのメリット

経理アウトソーシングにはさまざまなメリットがあります。 まずは経理のプロフェッショナルに依頼することによる経理業務の質の向上と正確さの担保、そして経理業務と通常業務を完全に切り離せることもメリットと言えるでしょう。 コスト面では経理担当者を育成するコストや求人コストの削減、必要なときにだけ経理アウトソーシングを利用することで、常駐担当者の人件費を抑えることも可能です。

 

経理アウトソーシングの料金目安

続いては経理アウトソーシングの料金の目安について、外注する業務ごとに解説します。

記帳業務と給与計算

記帳代行業務は、経理代行においてもっともメジャーな業務です。社内で行おうとするとデータの分類と入力だけで多くの時間が取られてしまいます。 記帳代行業務を依頼する費用は、仕訳数によって大きく変わるようです。1仕訳あたり50円~100円が相場で、小規模であれば1000円かからない場合もありますが、数百以上の仕訳数になると数万円ほどの価格になります。 給与計算は、人数と単価の掛け合わせです。単価は単純な労働時間との掛け合わせであれば1000円程度で行えますが、税金や社会保険まで含めれば2000円程度かかります。 年末調整は別途で、こちらも従業員1人あたりにつき数百円から数千円が相場で、この幅は申告まで行うかで変わってきます。

決算書の作成や法人税の申告

四半期ごとの損益の計算をする決算書の作成業務、そして決算で確定した結果を元に企業が支払う税金を計算する法人税の申告業務は、事業規模と、いずれかのみ、あるいは両方を外注するかで費用は変わります。 費用は5万円から20万円までが相場と言われていますが、会計士などの専門家に頼むと、15万円から25万円程度が相場でしょう。もちろん専門家に頼む方が信頼度は増すはずです。自社の状況を鑑みて選択する必要があります。

 

おすすめの経理アウトソーシングサービス

経理アウトソーシングサービスを3社紹介します。きちんとした専門家が業務を行ってくれる信頼性のある会社ですので、外注先の候補におすすめです。

 

ニーズに合わせて柔軟対応できるNOC

まず弊社のことからご紹介。国内最大手の管理部門系アウトソーシング会社です。1000社以上に渡る業務改善の実績を踏まえた上で、30年かけて作り出したノウハウを元にアウトソーシングを行ってくれます。 またNOCは流通・サービス系から金融・保険・製造業などあらゆる業種に経験があるため、柔軟に対応が可能です。通常の経理業務のほかに業務設計やコンサルティングも行っているので、経理のノウハウを得たいという企業にも対応させていただきます。

NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社

 

安心・安全を謳う日立トリプルウィン株式会社

日立キャピタルグループの経理アウトソーシング会社で、セキュリティの高さが特徴です。データセンターで365日24時間の監視、メールやアクセス履歴の監視に加えて内部監査などを行い、徹底的に情報漏洩や紛失を防いでいます。 一般的な経理業務全般を行ってくれますので、セキュリティに関して特に気を配りたい企業におすすめの会社です。

日立トリプルウィン株式会社

 

プロに任せるなら辻・本郷 税理士法人

辻・本郷 税理士法人はオーダーメイド型のワンストップアウトソーシングをサービスとして提供しています。このサービスによって、各企業の特徴や要望に合わせた経理業務を全て代行してくれます。 全国だけなく海外にも拠点があり、外資系企業にもおすすめです。法人設立や事業再生などの業務も行ってくれます。税理士がきちんとした業務を行ってくれるため安心です。

辻・本郷 税理士法人

 

まとめ

経理アウトソーシングの費用相場は業務内容の専門性や事業規模によって大きく異なります。まずはサービスを提供している会社に相談し、見積もりを出してもらうと良いでしょう。 コストを抑えるためには、どこまでをアウトソーシングに任せるかをしっかりとラインを引いておくことが重要です。経理アウトソーシングを利用して自社の経理コストを削減してみましょう。

 

◆関連ブログ
経理代行サービスのメリットは?選び方と代行サービス5選
経理アウトソーシングの費用相場とは。目安や概算方法を解説
経理アウトソーシング5社を比較。メリットや選び方とは
経理アウトソーシングのメリット・デメリット比較。要点を押さえよう
経理アウトソーシングでおすすめの会社は?検討や比較のポイント
上場企業は経理アウトソーシングをどう使う?活用例やポイントの解説
経理アウトソーシングのメリットとは?外注先を選ぶポイントも解説

 

ライタープロフィール

パプリカ

パプリカ

外資系総合商社と総合マーケティング支援会社にて法人向け営業職を経験。 世の中にあふれる情報をかんたんにわかりやすく、一人ひとりに合ったかたちで伝えることをミッションに活動中。