経理業務をアウトソーシングする際の料金。内容別目安と比較方法

経理業務の一部または全てを外注(アウトソーシング)する場合、料金がどれぐらいかかるのかは、気になるところでしょう。業務別の料金の目安と、経理アウトソーシング会社を選別する際の比較ポイントについて解説します。

 

経理アウトソーシングの業務内容

経理担当者の退職や繁忙期で人手が足りないなどの理由で経理アウトソーシングを利用しようとしている経営者は、昨今少なくないでしょう。 まずは、経理アウトソーシング会社に業務を任せた場合、どのような業務を引き受けてくれるのか、その内容を紹介します。

記帳業務や帳簿上の取引の管理

毎日の売上や商品在庫の管理など、記帳業務は経理業務の中でもオーソドックスな業務ですが、こちらは問題なく引き受けてもらえます。また、掛金の管理に伴う請求書・領収書の管理や整理についても一般的な業務として行う経理アウトソーシング会社は多くあります。 中には、帳簿上の金額や在庫が実際のお金の動きと一致しているか、きちんと照合してくれるような経理アウトソーシング会社もあるようです。 また、掛金の回収のための請求書の発行や振込を引き受けてくれる経理アウトソーシング会社もあるので、業務内容については先に問い合わせてみると良いでしょう。

給与計算や年末調整

従業員1人ひとりの給与計算についても、経理アウトソーシングで行うことが可能です。そのほかに社会保険料や所得税なども計算してくれます。 それに伴う年末調整についても経理アウトソーシング会社は引き受けてくれます。年末の経理業務の繁忙期だけ、経理代行スタッフを派遣してもらうこともできるので、人件費を抑えるのにも役立つでしょう。

決算申告

決算業務は専門的な経理の知識を必要とする業務ですが、こちらについても引き受けてくれるアウトソーシング会社はあります。ただしその場合、社内に公認会計士や税理士がいるアウトソーシング会社を利用することをおすすめします。 決算書の作成と申告、それに伴う税務申告についても同様に引き受けてもらうことは可能です。確定申告を行ってくれる会社もあります。 税務申告については法律上、代行は税理士のみが行えますので留意しましょう。

 

経理アウトソーシングの料金目安

経理アウトソーシングを実際に依頼する場合、どの程度の料金がかかるのか、料金の目安について解説します。

記帳がメインの場合の目安

記帳代行業務にどの程度の金額がかかるかは、仕訳数による変動が大きいです。仕訳1項目につき50~100円、100仕訳ごとにパッケージを用意している経理アウトソーシング会社もあります。 100仕訳ごとの依頼でおよそ1万円ほどかかるのが一般的な価格です。1仕訳ごとの価格の違いは、専門家がいるかどうかや、仕訳の内容に誤りがないか精査してくれるかといった、工数の違いによるケースが考えられます。

その他内容ごとの目安

その他の業務については、およそ以下のような価格が相場となります。

・給与計算…従業員1人あたり1000~2000円
・年末調整…従業員1人あたり500~2000円
・支払い代行…1件あたり100~500円
・決算業務…数万円から数十万円

こちらもやはり、専門性と工数が関わってきます。給与計算であれば手当や給与明細の発行まで行うのかどうか、決算業務なら決算書の作成や決算修正まで行うのかといった細部により価格にはかなり開きがあります。

 

比較する際のポイント

経理アウトソーシング会社はたくさんありますが、その中から実際に外注する際にどのような基準で選べば良いのでしょうか。経理アウトソーシング会社同士を比較し、より満足度の高い会社を選ぶポイントを紹介します。

経理のノウハウが学べるかどうか

経理アウトソーシングを利用するときに考えなければならないのは、「いつまでアウトソーシングを利用するか」ということです。 将来的に全ての経理業務を自社で行おうと思った場合、経理アウトソーシングだけに頼っていると、自社に経理の経験やノウハウが蓄積しないという弊害と向き合わねばなりません。 経理アウトソーシングの中には、経理業務を行う人材の教育やコンサルティング業務、ITツールの導入まで行ってくれる会社がありますので、将来的に経理を自社で行う場合、そういった会社に依頼してノウハウを学びましょう。

格安アウトソーシング会社との比較

中には格安の経理アウトソーシング会社もあり、その相場は一般的な相場価格の半分以下の費用で引き受けてもらえるような会社もあります。 単純な経理作業のみを一任するのであれば選択肢としては有効でしょう。しかし、専門資格を持つスタッフの不在により作業の正確性などは低下する傾向にあったり、経理業務のノウハウが手に入らないといった点をどうするのかは検討の必要があります。

 

まとめ

経理アウトソーシングには、経理業務全般を請け負うようなプロフェッショナルな会社もあります。自社に経理に割くリソースがない場合は、そのようなアウトソーシングの方法について考慮しても良いかもしれません。 費用については、工数や専門家の在籍などによって費用には幅があるため、実際に見積もりを取ってみることをおすすめします。そのためにも、まずは何を代行してほしいのか業務内容について明確化した上で、将来的に自社で経理を行うかどうかも指標とすべきでしょう。

 

 

◆関連ブログ
経理業務は自動化されていく?自動化可能な業務やポイント
経理業務アウトソーシングの重要性。特徴や選び方を解説
経理代行による業務改善事例。事例からポイントを理解しよう
経理の業務効率化を図る。具体的な方法や効果について解説
経理の業務分担表の作り方。内容やポイントについて解説
金融における経理の仕事とは?業務内容や役立つ資格を紹介
経理の仕事はどこが大変?経理の課題と解決に必要なスキルとは
経理の仕事は何が難しい?経理課題と解決するポイント
経理の仕事の流れを詳しく解説。業務内容やスケジュール
経理アウトソーシングの大手企業5選。メリットや比較ポイントも解説
経理代行によって業務改善に成功した事例とは。改善ポイントの解説
経理の仕事における種類について解説。経理の仕事を整理しよう
経理書類を上手に整理する方法とは。アイデアと税務上の保存期間
経理関連書類の種類と保存方法。定められている保存期間とは

 

ライタープロフィール

パプリカ

パプリカ

外資系総合商社と総合マーケティング支援会社にて法人向け営業職を経験。 世の中にあふれる情報をかんたんにわかりやすく、一人ひとりに合ったかたちで伝えることをミッションに活動中。