経理業務アウトソーシングの重要性。特徴や選び方を解説

経理アウトソーシングは、近年注目を浴びているサービスの一つです。経理で課題を抱えている企業にとって、経理アウトソーシングをうまく使うことは重要なポイントとなるでしょう。その理由と経理アウトソーシング会社の選び方について解説します。

 

経理アウトソーシングの重要性

経理業務は企業活動において、どのような事業・規模の企業でも必ず行わなければなりません。しかしながらコストダウンや人材の面で、多くの企業が課題を抱えている現実があります。 そこで役立つのが経理アウトソーシングです。経理アウトソーシングの重要性について、まずは考察しましょう。

なぜアウトソーシングが必要か

経理業務は、営業や開発といった一般的な業務、人事などのバックオフィス業務と比べると明らかな性質の違いがあります。主な項目としては、

・簿記などのスキルが必要で、専門性が高い
・直接利益に関わる業務でないにもかかわらず、業務をこなす人員の確保が必要
・単純だが時間がかかる業務が多い

といったことが挙げられるでしょう。そのため退職リスクや求人してもなかなか良い人が入ってこないといった人材問題に陥りがちです。 これらの問題はアウトソーシングを利用することで一定の解決を試みることができます。

アウトソーシングできる業務

結論から言えば、経理業務はすべてアウトソーシングが可能です。 記帳代行と給与計算は作業量が多く、アウトソーシングが活用される例は少なくありません。請求書の作成や掛金の管理、年末調整なども外注できます。 決算書の作成や税務申告といった専門的な業務も対応可能です。ただし注意点として、専門的になるほどに費用も高額になりやすく、また税理士や公認会計士などプロが経理アウトソーシング会社にいることが条件となります。

 

メリットデメリットから重要性を理解する

経理アウトソーシングの導入を検討するにあたって、利用するメリットとデメリットの両方を踏まえておきましょう。それぞれの側面について詳しく解説します。

経理アウトソーシングのメリット

経理アウトソーシングを活用するメリットはいくつもあります。もっとも大きいのは、人材の課題を解消できる可能性があるという点です。 経理業務の職務は専門性が高いため、退職者が出てしまうとすぐに代わりが見つからなかったり、また年度末などの繁忙期には人手が足りないという事態に陥りがちです。アウトソーシングを利用して人材を補充すれば、人手不足に陥ることはないでしょう。 また、プロのスタッフが経理業務に当たるため、内部で行うよりも速く正確な業務をこなせるのもポイントです。 経理担当者の教育費や社会保険料等も支払う必要がないため、人件費を削減できる可能性もあります。

経理アウトソーシングのデメリット

一方でデメリットとして挙げられるのは、経理業務をすべて外注した場合に、社内で経理のノウハウが培われることがないという点です。将来的に内部で経理業務を処理したいと考えている場合、コンサルティング業務まで行ってくれる経理アウトソーシングを利用しなければなりません。 また、外部に情報を渡さなければならない以上、情報漏洩のリスクはさけられません。情報リテラシーのある業者に依頼する必要があります。

 

アウトソーシング先選びのポイント

アウトソーシング会社には、専門性の高い会社や大企業グループの子会社などさまざまな特徴があります。その中で自社のニーズに合った事業者を選ぶポイントについて把握しましょう。

アウトソーシングの費用目安

アウトソーシングを外注した場合、おおよその費用の目安は以下の通りです。

・記帳代行…数千円から数万円(1仕訳/50~100円)
・給与計算…1000~2000円/人
・年末調整…500~2000円/人
・支払い代行…100~500円/件
・決算業務…数万円から数十万円

価格差は事業規模やスタッフのレベル、業務をどこまで委託するかによって生じます。その他にも、スタッフが常駐するかデータだけを渡すかでも違いますし、パッケージ+オプションという形で提供している事業者もあるようです。

依頼する範囲

経理アウトソーシングを依頼する業務範囲について、あらかじめ考えましょう。すべての業務を依頼すると莫大な費用がかかる場合もありますし、社内に知見が蓄積されないため経理業務を外部に依存することになります。 記帳代行や給与計算のような簡単な業務であれば格安の事業者という選択肢もあるでしょう。しかし決算業務や税務申告については、専門家のいる事業者に任せた方が安心できます。 依頼する範囲・規模にあわせた依頼先を検討することが重要です。

事業者の強みや体制

事業者に依頼する場合、その事業者の強みや体制について把握する必要があります。 セキュリティに力を入れている事業者もありますし、安さを売りにしている事業者、高額な代わりにスタッフがエキスパート揃いの会社などさまざまです。 外資系企業であれば、BATICなどの国際資格を持っている専門家が所属している事業者を選ぶようにしましょう。特定の業種や事業を得意としている事業者もあります。 事業者の持つ強みや体制が自社のニーズとマッチングしているかを検証しましょう。

 

まとめ

経理業務アウトソーシングを利用することで、企業の抱える経理の課題は解決に近づくでしょう。経理業務アウトソーシング会社には、経理の経験豊富なスタッフや有資格者が多く、効率的に経理業務をこなしてくれます。 事業者ごとの強みを比較し、自社が求めるポイントとマッチする事業者を選択することが重要です。そのためにもどのような経理業務を外注するのかを検討してから依頼先を探すようにしましょう。

 

 

◆関連ブログ
経理業務をアウトソーシングする際の料金。内容別目安と比較方法
経理業務は自動化されていく?自動化可能な業務やポイント
経理代行による業務改善事例。事例からポイントを理解しよう
経理の業務効率化を図る。具体的な方法や効果について解説
経理の業務分担表の作り方。内容やポイントについて解説
金融における経理の仕事とは?業務内容や役立つ資格を紹介
経理の仕事はどこが大変?経理の課題と解決に必要なスキルとは
経理の仕事は何が難しい?経理課題と解決するポイント
経理の仕事の流れを詳しく解説。業務内容やスケジュール
経理アウトソーシングの大手企業5選。メリットや比較ポイントも解説
経理代行によって業務改善に成功した事例とは。改善ポイントの解説
経理の仕事における種類について解説。経理の仕事を整理しよう
経理書類を上手に整理する方法とは。アイデアと税務上の保存期間
経理関連書類の種類と保存方法。定められている保存期間とは

 

ライタープロフィール

パプリカ

パプリカ

外資系総合商社と総合マーケティング支援会社にて法人向け営業職を経験。 世の中にあふれる情報をかんたんにわかりやすく、一人ひとりに合ったかたちで伝えることをミッションに活動中。