経理・財務

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第十七回】アウトソーシングとの“協働”。財務の立ち位置。

  先々を見据えたアウトソーシングを再考する。 経理、人事、総務といったいわゆる、バックオフィスとして位置づけられる機能をアウトソーシングに移行する動きは、もはやスタンダードになりつつあります。こうした背景には …

詳しくはこちら

日本企業の完全なペーパーレス化は実現可能か?ペーパーレス化を阻む壁

企業のペーパーレス化という考え方は意外にも古く、1970年代にはすでに未来のオフィス像として描かれていたといいます。 デジタル先進国と呼ばれるデンマークでは2000年代に入ってすぐのころから、政府主導でICT化に取組み、 …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第十六回】財務パーソンの実行力が光る!立ち位置とは?

  財務パーソンに求められる実行力とは? 財務部は専門知識を有したエキスパートの集合体ですが、その一方では、収益に直結していない間接部門と捉えられているのが、自明の事実です。しかしながら、財務部は、あらゆるステ …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第十五回】財務パーソンが“物言い”出来る貢献度&コツ。

  財務パーソンが“物言い”できる組織文化なのか? 今回は財務部の“物言い”をテーマに記述しますが、何となく、キツイ印象を持つ方も多いのではないでしょうか?特に財務部内でも、スタッフクラスの場合、他部署に対し“ …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【 第十四回】上場準備。財務スタッフの然るべきスタンスとは?

  生の財務データに触れているスタッフだからこその役割を果たす! いよいよ自社が上場デビューする!正に企業の成長度が一気に加速するような、華々しいイメージを持つ人が多い中で、財務スタッフは、IPOに向けた実務従 …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【 第十三回】いよいよM&Aの到来。その④:「成否評価」

  成功率がわずか20%から50%と言われる中で・・・ M&Aが実行されて、統合作業もゴールを迎えると、ようやく新境地にて自身の使命にあたる職務に従事する場面に入ります。そこで忘れてはならないのが、やはりM&A …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【 第十二回】何かが起こってからでは遅い!BCPの観点からの 財務パーソンの役割とは?

  コロナショックを教訓に前進する この記事は、2020年の4月下旬頃から執筆を開始しています。本項が皆さまの目に届く頃には、コロナショックの終息が近づいていること、強く願うばかりです。 今回はこうした未曽有の …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【 第十一回】いよいよM&Aの到来。 その③:「プロジェクトメンバー実務編」

現場視点で進めることが肝要! 今回はいよいよM&A実務編です。本段階では、入念に策定されたスケジュールに沿い、それぞれの担当業務を進めていくのでしょうが、段取り良くプロジェクトをこなすばかりではなく、そもそものM&A実行 …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【 第十回】いよいよM&Aの到来。 その②:「コンサルティング会社の選定・活用にも目配りを」

  コンサルティング会社の選定に向けて立場はそれぞれ・・・ 先回は、M&Aのプロジェクトメンバーに抜擢された際、財務パーソンとして担うべき役目について説いてまいりましたが、今回はどちらかと言えば外部の位置にある …

詳しくはこちら

派遣法改正による「同一労働同一賃金」導入で企業が負うリスクと対策

労働者派遣法はこれまでにも何度か改正されてきましたが、働き方改革に関連して、2020年4月1日に新たに「改正労働者派遣法」が施行されることになりました。 今回の改正の大きなポイントは、「同一労働同一賃金」が導入されること …

詳しくはこちら