経理・財務

経費精算システムを導入しても残る、経理担当者にとって大変な作業とは

働き方改革の推進、ペーパーレス化のため、経費精算システムを導入する企業が増えてきています。数年前までは首都圏を中心でしたが、ここ最近はコロナの影響でテレワーク化も進み、全国規模で導入が進んでいる印象です。 代表的な経費精 …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第二十一回】SDGsの本質に沿った財務パーソンの在り方

  本当に定着化しているのか?SDGsを見据えた企業経営。 「SDGsとは、一体、何なの?」こんな質問を投げかけるのは、自身の勉強不足を露呈するようで、恥ずかしいことだと捉えるビジネスパーソンは多いのではないで …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第二十回】不正を防ぐ財務部の体制

  財務部から発信する社内不正防止策とは? “不正防止”と聞くと、現預金やインターネットバンキングのパスワード管理といった実務の方に目が行きやすく、どちらかと言えば、経理部の方に委ねているといった意見もあろうか …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第十九回】未来に向けての財務パーソンの役割。

財務パーソン個々の役割の再考。 企業内の様々な部署に配属されている人材には、然るべき役割があり、個々がそれらを機能させることによって、円滑に経営活動が進行します。 しかしながら、「実際の程はいかがなものなのか?」こうした …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第十八回】財務パーソンの育成術の再考。

  育成術の再考⇒実践する契機。 財務パーソンのみならず、企業内で働く人材が次の担い手へのバトンタッチを見据えながら、職務に当たっているか否かは企業文化や各人の意識により、ばらつきがあるでしょう。中には、高い階 …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第十七回】アウトソーシングとの“協働”。財務の立ち位置。

  先々を見据えたアウトソーシングを再考する。 経理、人事、総務といったいわゆる、バックオフィスとして位置づけられる機能をアウトソーシングに移行する動きは、もはやスタンダードになりつつあります。こうした背景には …

詳しくはこちら

日本企業の完全なペーパーレス化は実現可能か?ペーパーレス化を阻む壁

企業のペーパーレス化という考え方は意外にも古く、1970年代にはすでに未来のオフィス像として描かれていたといいます。 デジタル先進国と呼ばれるデンマークでは2000年代に入ってすぐのころから、政府主導でICT化に取組み、 …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第十六回】財務パーソンの実行力が光る!立ち位置とは?

  財務パーソンに求められる実行力とは? 財務部は専門知識を有したエキスパートの集合体ですが、その一方では、収益に直結していない間接部門と捉えられているのが、自明の事実です。しかしながら、財務部は、あらゆるステ …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【第十五回】財務パーソンが“物言い”出来る貢献度&コツ。

  財務パーソンが“物言い”できる組織文化なのか? 今回は財務部の“物言い”をテーマに記述しますが、何となく、キツイ印象を持つ方も多いのではないでしょうか?特に財務部内でも、スタッフクラスの場合、他部署に対し“ …

詳しくはこちら

財務パーソンが活きる!ヒト・モノ・カネが躍動する企業とは?【 第十四回】上場準備。財務スタッフの然るべきスタンスとは?

  生の財務データに触れているスタッフだからこその役割を果たす! いよいよ自社が上場デビューする!正に企業の成長度が一気に加速するような、華々しいイメージを持つ人が多い中で、財務スタッフは、IPOに向けた実務従 …

詳しくはこちら