労務管理とは。企業における重要性と仕事内容。気を付けなければいけないことは?

働きやすい環境

労務管理の仕事は社員に心地よく働いてもらうこと」では人材の“メンテナンス”と称して労務管理の仕事を紹介しました。

「ヒト」は会社にとって最も重要な資産です。いかにして社員のモチベーションを保つか、最大限に能力を発揮してもらうかを考え、施策するのが労務管理であり、人事部(会社によっては総務部)の重要な仕事の1つなのです。

今回は、そもそも労務管理とはなにか、どういったことに気を付けるべきかを解説します。

 

■労務管理の仕事

労務の業務としては以下があります。

・労働時間管理
・給与・福利厚生計算業
・安全衛生管理
・社員のライフイベントに沿って生じる必要な諸手続きの管理
・労使関係管理(労働組合との折衝も含む)

会社によっては、さらに以下の項目も仕事の一部です。

・労働者の募集から採用
・人事異動
・社員研修の企画と実施
・人事制度企画~実行

労務の仕事だけあって、「ヒト」に関わる仕事が大半を占めます。会社内の人材は適材適所になっているか?人手不足や所属社員が多すぎている部署はないか?社員は定着しているか?社員が提供している労働に見合った報酬(給与)になっているか?その労働時間が管理されているかなど、をしっかり検討していく必要があります。

企業が活動していくうえで大きな割合を占める「人件費」をいかに抑え、かつ社員のモチベーションを保つ土台を作り、利益を伸ばすためには、労務管理は必要不可欠な仕事なのです。ですから、会社を存続させ、大きくしていくためには、労務は長期的かつ経営者的な視点が求められるのです。

 

■労務管理の必要性を逆の視点で考える

労務管理がなぜ企業にとって重要なのか、「労務管理(の担当者)がない場合」を想定するともっと分かりやすいでしょう。

例えば、各部署で勤怠管理をすることはできますが、企業全体で働く社員一人ひとりがどのような労働を提供しているかを把握できなくなります。そのため、労働力提供の対価である「給料」の適切な把握と支払いが困難になります。

また、安全衛生管理(健康診断、ストレスチェックなど)、有給管理、産休や育児休暇、介護休暇なども管理できず、社員のワークライフバランスに大きな影響を与えることになります。

さらに、採用業務や退職社員の対応・管理する部署がなくなることで、全社視点でのヒトの管理が不透明になります。

このように「労務管理がない場合」、社員は労働環境に信頼がおけず転職したりモチベーションが低下に直結してくることになり、この悪循環が続けば、最終的には「人材不足」に陥り、企業活動が継続できなくなってしまいます。

「ヒト」を“管理”“メンテナンス”するという表現で労務管理を見てしまうと、「束縛されている」「監視されている」というイメージが生まれがちですが、労務管理をしっかり行うことは、企業活動を大きく左右するだけではなく、社員一人ひとりにとっても働きやすい環境をつくることができるのです。

 

■日本の労務管理の特徴

このように重要な役割を果たす労務管理。日本の特有の事柄はあるのでしょうか。日本の労務管理の特徴は、以前は「年功序列の賃金制度」「終身雇用」「労働組合」でした。戦後日本を立て直した「団塊の世代」がまさに、この日本独特の労務管理で行われてきました。

日本の丁寧かつ細やかな対応をする労務管理は、入社から退職まで安心して仕事ができる環境を提供しました。組合で社員が団結し、勤続年数と相乗して給料も上がることもありました。

しかし、現在日本の労務は大きな転換期を迎えています。

テクノロジーの進化によりIT・ベンチャー企業やフリーランスで働く人が増え、若手でも活躍するシーンが増えています。

実際に日本から世界へと進出する企業では、海外の企業と対等に渡り合うために、労務の考え方を変え、経験が浅くても実力があればチャンスを与えたり、固定観念にとらわれない新しい考え方で仕事を進める若い社員を評価しサポートするようになってきています。

つまり、社会の変化のスピードについていくために、これまでの年功序列制ではなく、社員に最大限に能力を発揮してもらえるような労務制度に変革し、成果に対してきちんと評価する企業も多くなってきているのです。

さらに、少子高齢化が著しく進む日本において、「労働力の確保」は重大な課題であり、その問題に直面しているからこそ、労務管理は変わることを求められているのです。

もちろん、従来の労務管理のままの企業もまだまだ多く存在しています。しかし、企業活動が「日本」から「世界」へと変わっている中、ダイバーシティの対応、海外現地での労働力確保の問題など、今後はさらに現在の労務管理では対応できずに企業活動の継続が困難になっていくことは大いに考えられます。

 

■労務管理で気を付けておくべきこと

最後に、労務管理でとくに気を付けておくべきことを紹介します。

・社員を縛り過ぎないこと
・コンプライアンス(法令順守)を果たすこと
・社員に対して優越な立場であると主張しないこと

上に挙げているのはあくまでも一例にすぎませんが、労務の仕事はあくまでも企業活動の一部にしかすぎません。同じ会社で働く者同士、どちらが上でどちらが下でという考えは間違いです(職位による上下関係はあります)。

もちろん、労務担当者として、社員に労働基準法などの法令に従うコンプライアンスを説明する、遵守することを周知徹底する必要はありますが、一方で厳しくかつ極端な接し方をしてしまうと、社員のモチベーションにも関わりますし、それが企業活動の損失へと繋がってしまいます。

人事労務に関わると、なんとなく人事権を掌握しているような気持ちになりますが、だからこそ社員に対して優越な立場を取らないように心掛ける必要があります。

重要なのは、いまの会社において何が適切な対応なのかを考え、また、社会で活動していく上で倫理面や一般的な考えから外れていないかなどを客観的にとらえ、そこから独断に頼らず会社にとって「最善」を追求していくことを大義として、労務の職務に励むことです。

ライタープロフィール

くもと編集

くもと編集

マーケター兼編集者

NOC 当コンテンツの編集者。 宝飾業界と広告会社を経て2008年 NOC入社。営業や制作ディレクターを経験し、現在はWebマーケティング担当兼当コンテンツの編集を担当。 「NOCのサービスに直接関係のない記事であっても、読んでくれた方の役に立つ情報をお伝えしていきます。」

関連シリーズを見る

関連シリーズはありません

関連記事

関連記事はありません