シリーズ:経理のはなし

損益分岐点とは?その計算方法と限界利益を理解する【シリーズ: 経理のはなし15 初心者向け】

経理の仕事では決算書を読んだり、その内容を分析するということが必要になります。書店には、さまざまな“決算書を読む”とか“財務分析”というタイトルの書籍が並んでいます。 今回は、決算書や財務諸表を分析する方法の中でも基本的 …

詳しくはこちら

売上原価の計算と棚卸資産の仕訳【シリーズ: 経理のはなし14 初心者向け】

「原価意識を持ちなさい」とか「(売上)原価を考えなさい」などという話をよく耳にします。言うまでもなく“売上原価”という言葉は経理や会計の言葉です。またその売上原価を計算するためには棚卸資産が重要となります。今回は、売上原 …

詳しくはこちら

会社の税金とその勘定科目 【シリーズ: 経理のはなし13 初心者向け】

私たちの生活について“まわるもの”にはさまざまなものがありますが、税金もその一つです。会社での経理の仕事でも、税金はついてまわります。経理の仕事について間もないと税金の処理方法がよくわからないというお話を耳にすることも多 …

詳しくはこちら

年末調整を計算するための7つのステップ【シリーズ:経理のはなし12 初心者向け】

毎年、ハロウィンの時期が終わるころから給与計算や年末調整も担当している経理のスタッフたちはにわかに慌ただしくなってきます。それは、年末調整という一大イベントが迫ってくるからです。このイベントは、給与所得者の納税額を決定す …

詳しくはこちら

中小企業の決算業務の流れ「決算残高の確定⇒税金の計算⇒決算書の作成」【シリーズ:経理のはなし11 初心者向け】

経理の仕事でもっとも重要な仕事は何かといえば、決算業務だと言えるでしょう。実際に、経理業務に携わっていない方から見ると、決算時期の経理部門のスタッフたちは殺気立った感じかもしれませんね(笑)。ただ、忙しそうなのはよくわか …

詳しくはこちら

消耗品費、固定資産とは?その判断基準|仕訳と勘定科目の判断【シリーズ:経理のはなし10 初心者向け】

今回も経理担当者が仕訳をする上で、とても重要なポイントとなる消耗品費と固定資産の勘定科目の判断について説明します。   ■勘定科目の判断の重要性 経理担当者が日々発生する取引を複式簿記のルールに従って仕訳をする …

詳しくはこちら

交際費と会議費の違いは?|仕訳と勘定科目の判断 【シリーズ:経理のはなし9 初心者向け】

今回は交際費と会議費の、勘定科目の判断についてお話をします。 複式簿記では発生した取引についてその取引が発生した原因と結果の両方から捉え、借方と貸方の勘定科目を適切に判断して、仕訳という形式にします。 多くの場合、取引の …

詳しくはこちら

キャッシュフロー計算書とは?目的と構成 【シリーズ:経理のはなし8 初心者向け】

一般的に決算書と呼ばれるものは、会社法等の法令上は「財務諸表」という名称です。 日本の会計制度では、財務諸表は主に、貸借対照表(B/S)・損益計算書(P/L)・キャッシュフロー計算書(C/F)・株主資本等変動計算書で構成 …

詳しくはこちら

損益計算書の勘定科目をみてみよう 【シリーズ:経理のはなし7 初心者向け】

会社の存在目的のなかでもっとも重要なことは「利益の最大化」です。多くの利益を獲得しなければ従業員とその家族の生活や地域への貢献などもできません。利益の最大化を実現できているかどうかの報告書が、決算書であるといえます。 経 …

詳しくはこちら

貸借対照表(バランスシート)の勘定科目をみてみよう 【シリーズ:経理のはなし6 初心者向け】

経理の仕事の最終的な目的の一つは「決算書の作成」です。 決算書は複数の書類によって構成されていますが、その主なものは貸借対照表と損益計算書です。 貸借対照表(バランスシート、B/Sとも呼ばれます)には「決算日における会社 …

詳しくはこちら