人事・労務

源泉徴収票でわかるDC制度の税負担軽減

企業にお勤めの皆さんは、年末までに源泉徴収票を配付(もしくは電子配付)されているかと思います。 皆さんが提出した各種申告書を元に、人事総務担当の方が作成している源泉徴収票ですが、毎年きちんと確認されているでしょうか? 毎 …

詳しくはこちら

働き方改革で労働時間はどうなった?! 生じた弊害とその打ち手

2019年4月、働き方改革関連法が大企業から順次施行され始めました。これを受け、各企業では働き方を見直す流れが高まってはいますが、全ての企業で働き方改革が順調に進んでいるのでしょうか? 制度は導入したものの別の問題が…、 …

詳しくはこちら

中小企業が法務を内製化するときに重要なポイントとは

会社を経営していく上ではさまざまな法律行為がなされます。中にはトラブルになり訴訟にまで発展してしまうケースもありますが、法的なリスクコントロールのために重要なのが法務部署の存在です。 大企業では社内に専門部署として法務部 …

詳しくはこちら

多様化する働き方へどう対応する? 効率化の切り札になる勤怠管理システムとは

2019年4月、通称「働き方改革関連法」が大企業を対象に施行されました。中小企業に対しても、2020年4月に施行されることが決定しています。 法律の施行により、労働者は長時間労働の是正や柔軟な働き方が期待できる一方、事業 …

詳しくはこちら

働き方改革を推進!コミュニケーションを活性化するビジネスチャットツールの選定方法

2019年4月に働き方改革関連法の一部が施行され、大手のみならずすべての企業で重要な経営課題のひとつとなりました。 働き方改革では、多様な働き方の実現や業務効率化に伴う生産性の向上という目的が掲げられています。実現には、 …

詳しくはこちら

マイナンバー施行後の運用課題と情報漏洩リスクに対する対策

マイナンバー法が施行され、企業は所属している社員やその家族についてもマイナンバーを収集し、管理しなければならなくなりました。こうしたマイナンバーの導入時に多くの企業が課題だと感じているのが「情報漏洩のリスクをいかになくせ …

詳しくはこちら

確定拠出年金でどのくらい積立てできる?

世の中を大いにざわつかせた「老後2,000万円問題」は、まだ皆さんの記憶にも新しいと思います。 いろいろな手段で老後資金は準備できると言われていますが、確定拠出年金(DC)もその手段の一つです。 今回は、DCを活用するこ …

詳しくはこちら

多様化する働き方で人事評価はどうする? 制度を考える前に知っておきたい注意点とは

  リモートワークやABWなど多様な働き方に対応する企業が増えてきました。働きやすさが促進される一方で、対面でのコミュニケーションの機会が減り、仕事ぶりを実際に目で見て評価を行うことが難しくなります。新しい働き …

詳しくはこちら

個人ではもちろん、制度によっても違う「DC運用商品の選び方」

  確定拠出年金(DC)で欠かせないのが「運用商品の選択」です。 ご存じのとおり、DCは「掛金を拠出」して「加入者本人が運用」し、「原則60歳以降に受取る」制度です。 導入時はもちろん制度説明を行っていると思い …

詳しくはこちら

【元号改正と祝日変更に備えよう】改正に伴う手続きと連休中の業務を整理しよう

今上天皇の生前退位と新天皇の即位・元号改正を祝して、今年のゴールデンウィークは10連休になることが決定しました。天皇の生前退位はなんと約200年ぶりのこと。国を挙げての祝賀ムードのなか、元号改正といまだかつてない10連休 …

詳しくはこちら