RPA・AI

「カンタンだけどカンタンじゃない!?」、RPAの誤解を解く

  RPAが成熟期を迎えつつある。 矢野総合研究所によれば、2017年度におけるRPA製品および関連サービスのマーケットは、178億円だったが、2020年度には666億円、2022年度には802.7億円まで成長 …

詳しくはこちら

経理の業務効率化を図る。具体的な方法や効果について解説

経理業務の大半は同じ作業の繰り返しであり、効率化を図ることは決して難しくはありません。一度効率化に成功すれば、従業員の負担とコストを大きく削減できる可能性があります。経理業務の効率化を図る具体的な方法とそれに伴う効果につ …

詳しくはこちら

経理業務は自動化されていく?自動化可能な業務やポイント

経理業務の大半はデータ入力や計算といった作業の繰り返しです。このような業務は、RPAを導入することで自動化が可能になります。自動化できる業務内容や、自動化の事例、メリットなどについて確認し、導入検討の材料としてください。 …

詳しくはこちら

RPAで管理部門は効率化できるのか? 導入の前に考えたい必要な視点とは

ルーティン業務が多いといわれる企業の管理部門。定型化された業務を担えるRPAと相性がいいといわれ、導入を真っ先に検討される部門でしょう。 それではあらゆる企業の管理部門は、RPAを導入すれば効率化できるのでしょうか。RP …

詳しくはこちら

経営者に捧ぐ! RPA導入を考える前に知っておいてほしいこと

RPA導入に早くから成功した事例として日本生命さんが浮かびます。「日生ロボ美」ちゃんの活躍は著しく、2018年頭の記事では25名分のお仕事をこなしているとのことです。 数字だけをきくと「ルーティン化している業務にRPAを …

詳しくはこちら

【徹底解説】RPAは魔法の杖? システム導入やAIと何が違う?RPAの効果とは

  RPAという言葉が流行りだしてから数年が経ち、「RPAの導入について検討してほしい」「RPAに興味があるのだがいったいどんなもの?」「自社で取り組めるところや投資対効果はどうなの?」などRPAに関する話題が …

詳しくはこちら

サービス提供会社が言わないAIやRPAを本当に活用するための必要な考え方

■注目されるAIやRPAと導入時にある落とし穴 AIやRPAは多くの企業が抱える課題である人手不足や効率化、生産性向上の解決方法として注目されています。一部の企業では、カスタマーサポートにAIを導入したり、入力業務をRP …

詳しくはこちら

AI、RPAとデスクトップのプロセスオートメーションの違い

作業プロセス全体をロボティック化するRPAおいて、AIは要素の1つです。 「判断」の部分をAIにさせるようにすれば、人員リソースに余裕が生まれ、別業務に対応することが可能になります。人手不足や残業が問題となっている日本に …

詳しくはこちら

間接業務のロボット化・RPA化は今後加速する

  ■人手不足の日本ではセルフ化とロボット化が進展する  日本はすでに人手不足です。小売店舗の窓口、大企業の事務職、工場の工員などは採用が難しくなっています。特に地方はこれから人口減少が激しくなるため、さらに深 …

詳しくはこちら

ロボティック・プロセス・オートメーションで本当に人の仕事は付加価値業務にシフトするのだろうか

  ■とどまることを知らないロボットの普及 最近はロボットが大流行りです。ロボットがテレビCMにたくさん登場しています。 ロボットには大きく二つの種類があります。ひとつは物理的な存在としてのロボット。これは工作 …

詳しくはこちら