RPA・AI

レガシーシステムのブラックボックス化 ~ 【連載】 「私たち」のDXを考える #3

連載「『私たち』のDXを考える」第三話は、レガシーシステムのブラックボックス化を考える。 DX(デジタルトランスフォーメーション)は、選択肢ではない。すべての産業における、すべての企業が、程度の差、もしくは方法論の違いは …

詳しくはこちら

2025年の崖とは? ~ 【連載】 「私たち」のDXを考える #2

日本国内におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)事情を考える時、キーワード「2025年の崖」は外せない。 「2025年の崖」は、2018年9月7日に経済産業省が発表したレポート「DXレポート ~ITシステム 『2 …

詳しくはこちら

DXとは? ~ 【連載】 「私たち」のDXを考える #1

DX(デジタルトランスフォーメーション)が、話題になっている。 筆者のもとには、さまざまなメールマガジン、もしくは広告宣伝メールが届くが、連日のように、DX関連のセミナーやら売り込みが届くことに、少々加熱し過ぎではないか …

詳しくはこちら

業務量の多さに苦しむ運送会社を救ったRPAの導入事例

  「運送業界は、典型的な労働集約型産業のひとつである」 このように述べると、「ああ、トラックドライバーのことね」と思う人も多いことだろう。確かにそうなのだが、「人間の労働力が業務で必要とされる割合が大きい」と …

詳しくはこちら

「RPA+BPO」は、RPA普及の鍵となるのか?

「RPA+BPO」と聞いて、皆さんはどう思うであろうか? 「いや…、RPAって、そもそも内制(ユーザー企業が、自らRPAをオペレーションしロボットを制作すること)が、基本じゃないの?」 そのように思っている方 …

詳しくはこちら

RPAは、エンドユーザーコンピューティングの悲劇を繰り返すのか?

初めて、「野良ロボット」なる言葉を聞いた時、私は、「なるほど、上手いことを言う人がいるものだ」と感心した。 野良ロボットとは、会社が管理しきれていないRPAロボット(デジタルレイバー)を指す。野良ロボットは、RPAを使い …

詳しくはこちら

「開発したシステムがお蔵入り」、システム開発の失敗を振り返る。

せっかく開発したシステムが、ほとんど使われないままに、お蔵入りしてしまった・・・ システム開発を担った身としては、やりきれないことだ。 その理由が、「バグを抱えている」、もしくは「要求された仕様を満たしていない」など、品 …

詳しくはこちら

「優秀なSEの条件とは?」、このシンプルな問いに含まれるもの

「優秀なSEの条件とは、なんだろう?」 システム開発に関わる会社、もしくは人であれば、一度は考えたことがあるのではないだろうか? もしくは、仲間と酒を酌み交わしながら、議論にふけった経験がある方もいることと思う。 シンプ …

詳しくはこちら

「カンタンだけどカンタンじゃない!?」、RPAの誤解を解く

  RPAが成熟期を迎えつつある。 矢野総合研究所によれば、2017年度におけるRPA製品および関連サービスのマーケットは、178億円だったが、2020年度には666億円、2022年度には802.7億円まで成長 …

詳しくはこちら

経理業務は自動化されていく?自動化可能な業務やポイント

経理業務の大半はデータ入力や計算といった作業の繰り返しです。このような業務は、RPAを導入することで自動化が可能になります。自動化できる業務内容や、自動化の事例、メリットなどについて確認し、導入検討の材料としてください。 …

詳しくはこちら